\ フォローしてね /

磯からヒラスズキを狙う!磯釣りの楽しみ方とコツ

外洋に面した磯に立ち、波飛沫を浴びながらのダイナミックな釣り。

そんな磯釣りには様々なターゲットや仕掛け、釣り方が存在します。その中でも今回は強い引きが特徴のヒラスズキの釣り方をご紹介します。

ヒラスズキとは?

生息地

外洋に面した磯場が主な生息地になります。沖の離れ磯、地磯、小磯あらゆるところに生息しています。また、小魚をエサとしているため、身を潜めるのに有利な海草の根際にいることが多いです。

著者は安全面を考慮して足場の低い磯を選択することが多いです。

時間帯

ヒラスズキは基本的に一日中釣る事が可能ですが、磯は足場が悪いことが多いので、日中の明るい時間帯が良いでしょう。

また、「朝マズメ」と呼ばれる明け方はヒラスズキを始めとする大型魚が活動的になり、活発にエサを捕食するため釣れる確立が高くなります。

使用タックル

ロッド

ロッドは10ft~12ft(約305cm~366cm)のルアーロッドを使用します。磯では青物と呼ばれるブリやヒラマサが釣れる事もあるため、パワーのあるロッドを使用しましょう。

足場の高低や、磯や沈み根をかわして魚を誘導することが多いため、10ft(約305cm)以上のロッドが望ましいです。

著者は11ft(約335cm)のヘビークラスのロッドを使用しています。

参考:EXSENCE/SHIMANO

リール

リールは「SHIMANO」というメーカーの4000番から5000番の製品のような、2号の糸巻量が200mは可能なリールを使用します。

あまり小さいリールですと大物が掛かった時、破損する恐れがあります。

ライン

道糸にはPEラインの2号~3号、先糸には40lbから60lbのフロロカーボンを2m程度使用しましょう。

磯際での釣りは、海中の障害物にラインが擦れる「根ズレ」によるラインブレイクが多くなる為、根ズレに強いフロロカーボンを使用することを勧めます。

ルアー

ルアーは12cm~17cmのミノーを使用します。その日のヒラスズキの活性に合わせられるよう、カラー違いや異なる泳層を泳ぐミノーがあると良いでしょう。

ウェア

水を被る事が想定されるため、濡れても良い格好をしましょう。できればウェットスーツの着用を勧めます。

靴は靴底に金属製のスパイクがあるものが防滑性に優れている為良いでしょう。

また磯は危険が多いため必ずライフジャケットを着用して下さい。

釣りの楽しみ方・コツ

サラシを狙え!

手堅く釣るコツは、波が磯にぶつかった際に白い泡が発生し濁っている所「サラシ」を狙う事です。サラシは小魚から視界を奪うため、ヒラスズキが小魚に接近しやすくなる絶好のタイミングです。

ポイントに立つ前によくよく波を観察して下さい。安全面のためにも大切な行為ですが、釣りをする上でもこの波の観察が非常に重要になります。

波は常に一定ではなく、大きな波、小さな波、サラシを発生させる波など様々です。サラシが大きく広がる波を待って磯際などにルアーを通すと、ヒラスズキなどの大型の魚が食いついてくるチャンスは増します。

著者の経験ですが、むやみやたらにルアーをキャスト(投げる)してヒラスズキにプレッシャーを与えるより、このサラシが広がるタイミングを見ての渾身の一投の方が釣れた経験が多いです。

注意点

釣り人による磯場での事故は後を絶ちません。死亡事故に繋がることも多々あります。ですので磯に釣りに行かれる際は、まず安全面に注意しましょう。

装備品はもちろんのことですが、むやみに水際に立たない安全な足場を確保する波を被ることがあるためポイントに立つ前に充分その日の波を見極め安全かどうかの判断をする、といったことが大切です。

そして単独釣行は避け、必ず何人かで行きましょう。

さいごに

釣りはとても楽しい娯楽ですが、一つ間違えれば命を落としかねない自然相手のものでもあります。

自然は人間が思っているより遥かに脅威である、ということを常に頭の中に置き、安全を最優先して釣りを楽しみましょう!

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。