\ フォローしてね /

家庭でも簡単に水出しコーヒーを淹れる方法

nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
  • スッキリした甘さ

    苦みや雑味が出にくく、まろやかな甘味でゴクゴク飲める

  • 簡単ステップ

    コーヒー豆をお茶パックに詰め、水に入れて冷蔵庫で一晩

  • 美味しさのコツ

    熱湯をしみ込ませて蒸らすことで香りが引き出される

準備するもの(2人分)

材料

  • コーヒー豆(挽いたもの)…20g
  • 水…330ml
  • 熱湯…大さじ1(15ml)
コーヒー豆について1
使うコーヒー豆は挽いたものであれば、どんな種類や産地のものでも大丈夫ですが、焙煎度合いによって味が変わります。水出しする場合はフレンチロースト、イタリアンローストなど深めの焙煎のほうがコクが出て、甘みも感じられます。

道具

  • 冷茶用ポット…1つ
  • お茶パック…1枚
お茶パックはどこで買えるの?2
100円ショップやスーパーなどで100円~200円ほどで売られていますよ。

作り方

1コーヒー豆をお茶パックに詰める

コーヒー豆をお茶パックに詰めます。こうすることでコーヒー豆が水の中で散乱せず、片付けるときにも便利です3

2熱湯をしみ込ませる

コーヒー豆が濡れる程度に熱湯をかけます。これで香りが引き出され、コーヒー豆の粉っぽさが落ち着きます。

熱湯は湿る程度でOK
熱湯をかけすぎると香りのもとである油分まで出てしまうので、びしょびしょに濡らすのではなく、少し湿る程度でOKです。

3冷茶ポットにコーヒーパックを入れて水を注ぐ

STEP2のコーヒーパックを冷茶ポットに入れて、水をそっと注ぎます。

コーヒー豆に水分が吸収されるので、2人分の分量(300ml)より少し多めの水量にしています。

4冷蔵庫で一晩寝かす

冷蔵庫で一晩(約8時間)寝かせて、じっくり水出しします。

5完成!

グラスに注げば完成です。

作り置きはできる?4
一晩寝かせたあとコーヒーパックを取り出し、密閉容器で冷蔵庫に保存すれば2,3日は美味しく飲めます。ただし、時間が経つほど風味が劣化してしまうので、なるべく早く飲むようにしましょう。

深入りの豆でも水出しすることで、酸味や苦みが抑えられて甘みが出てきます。

普段の飲み方に飽きたときや、コーヒー豆が余ったときにもオススメです。

マイルドで気軽にゴクゴク飲める感じなので、ぜひ家庭でお試しください。

みんなの感想

Twitter「モーメント」機能で、このレシピをつくってみた人たちの感想や参考になる情報をまとめました。

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

追記した箇所一覧

  • 12018年03月30日「コーヒー豆」について追記しました。
  • 22018年03月30日「お茶パック」について追記しました。
  • 32018年03月30日「お茶パックの利点」について追記しました。
  • 42018年05月17日「作り置き」について追記しました。
このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。