\ フォローしてね /

こだわりのコーヒー!サイフォン式コーヒーの淹れ方とポイント

このライフレシピのもくじたたむ

コーヒーを淹れる為の器具はさまざまあります。中でもサイフォンはお洒落で、コーヒーを淹れる過程が見た目に楽しいですし、ちょっとした技も必要です。サイフォンを使ったコーヒーの淹れ方とポイントをお伝え致します。

必要な物

  • サイフォン(著者は電気式を使用。安全でお手軽です。)
  • 竹べら
  • メジャースプーン(コーヒー粉を計るスプーン。サイフォン購入時、一緒についてきます。)
  • 濾過器(サイフォンについてきます。)
  • 濾過布

材料

  • コーヒー豆(コーヒー粉でもいいです。今回はハワイコナEXFを使用)

1人前約10〜13g(メジャースプーン1杯)程度です。サイフォンの場合は2人前以上で淹れる事をオススメします。

淹れ方

今回は豆を用意したのでミルが必要ですが、コーヒー粉を使用する場合は、ここは割愛して下さい。

香りを愉しみたい場合は、やはり直前でのグラインドがオススメですね。

STEP1:濾過器に濾過布をつける

濾過器に濾過布をセットします。新しい濾過布を使用する場合は、鍋などで10分ほど煮沸してから使用します。清潔に使用する為と、抽出する際のお湯の浸透圧の関係の為です。

濾過器は、使い終わったら清潔な状態で水を張ったタッパー等に入れて、冷蔵庫で保管します。中の水は毎日交換して下さい。

STEP2:ロートに粉を入れる

濾過布をつけた濾過器をロートにセットします。

個人的には、1人前(メジャースプーン1杯)より、2人前以上で淹れる方が上手に抽出できる気がします。なので、2人前なら2杯、3人前なら3杯の粉を入れます。

STEP3:お湯を沸騰させる

フラスコの湯線を見ながら人数分のお湯を入れて、更に沸騰させます。ポコポコと気泡が出てきたら、ロートをフラスコに差し込みます。

あまりブクブクと沸騰させすぎると、勢いよくお湯がロートに上昇してしまいますので注意して下さいね。

ロートをフラスコに差し込むと、フラスコのお湯がロートに上昇します。

STEP4:竹べらで撹拌

多少はフラスコにお湯は残りますが、お湯がある程度上昇しきったと思ったら、竹べらでコーヒー粉をほぐすように撹拌します。撹拌したら30〜40秒程そのまま待ちます。時間が経ったら素早く火からおろして、2度目の撹拌をします。

この2度目の撹拌がポイントです。竹べらがロートに当たらないように素早く勢い良く10回ほど回します。

撹拌すると、コーヒー粉と液体コーヒーがロートの中をくるくる回っているのがわかります。そのまま、フラスコにコーヒーが落ちていくのを待ちます。

STEP5:フラスコにコーヒーが落ちる

すべての液体コーヒーがフラスコに落ちきると、ロートにはコーヒー粉が残ります。この時、山のような状態になれば上手にコーヒーが抽出できた目安になります。

おわりに

さあ、あとはコーヒーの香りを愉しみながらゆっくりと味わってみて下さい。サイフォンは少し手間はかかりますが、その分コーヒーの味も格別に感じると思いますので、是非機会があったら試してみてくださいね。

(image by 足成)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。