\ フォローしてね /

ワッペンと補修布でリメイク!子ども服の穴・破れを補修する方法

このライフレシピのもくじたたむ

子どもの服はすぐに膝や肘の部分が破れてしまいます。

特に兄弟のお下がりのお洋服だと傷みも激しく、「捨てるにはもったいないけど、このまま着せるのは恥ずかしい」と言う比較的小さな穴や破れをワッペンで補修し、長く着せてあげれるようにリメイクする方法をご紹介します。

用意するもの

  • ワッペン(アイロン接着タイプ)
  • 補修布(アイロン接着タイプ)
  • 当て布(ガーゼやハンカチなど綿100%の布)
  • アイロン
  • アイロン台

補修の方法

STEP1:補修布をカットする

穴・破れの大きさより、やや大きめに補修布をカットします。角を丸く切ると、接着しやすく、はがれにくくなります。

STEP2:補修部分を温める

補修する服を裏返し、補修する部分にアイロンを掛けます。補修部分を温める事で、より接着しやすくなります。

STEP3:補修布を置く

STEP1で切った補修布を補修部分に置きます。

STEP4:当て布を置く

補修布の上に当て布を置きます。

STEP5:補修布を接着する

当て布の上からアイロンを押し当てます。ワッペンや補修布を接着する際、アイロンをスライドさせずに下方に体重を掛ける感じで押し当てて下さい。

アイロンの温度、押し当てる時間は、ワッペンや補修布の商品説明書に記載がありますので、事前に必ず確認してから作業に取りかかりましょう。

STEP6:表側の補修部分を温める

STEP2と同様に補修する部分にアイロンを掛け、補修部分を温めます。裏側の補修部分が十分に冷えてから、表側にひっくり返しましょう。

STEP7:ワッペンを置く

ワッペンを補修部分に置きます。

STEP8:当て布を置く

STEP4と同様、ワッペンの上に当て布を置きます。

STEP9:ワッペンを接着する

STEP5と同様、当て布の上からアイロンを押し当てます。ワッペンや補修布を接着する際、アイロンをスライドさせずに下方に体重を掛ける感じで押し当てて下さい。

アイロンの温度、押し当てる時間は、ワッペンや補修布の商品説明書に記載がありますので、事前に必ず確認してから作業に取りかかりましょう。

STEP10:完成

これで完成です!

注意点

お洋服の素材によっては、ワッペンや補修布を接着できない場合がありますので、購入前に商品説明を良く確認しましょう。ワッペンや補修布は手芸店や100均などで購入出来ます。アイロンの取り扱いに注意しましょう。

おわりに

一見両面の接着が手間に思いますが、経験上表側のみの接着では、子どもの動きやお洗濯などですぐにワッペンが取れてしまいます。

裏側に補修布を接着する事でより強度が増し、長持ちしますのでぜひ試してみてさい。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。