\ フォローしてね /

折り紙1枚でできる!立体的なキリンの折り方

唯一のプロポーションで子供にも大人気のキリン。そんなキリンを折り紙1枚で立体的に折る方法をご紹介します。

用意する材料・道具類

  • 折り紙15cm角1枚
  • 黒のボールペン

折り方

STEP1:半分に谷折りする

色面を下に半分に谷折りします。

STEP2:さらに半分に谷折りする

さらに半分に谷折りして折れ筋をつけて広げます。

STEP3:右上の角を下の中点に谷折りする

ここで上が輪になっています。右上の角を下の辺の中点に合わせて谷折りします。

こうなります。裏返します。

STEP4:裏返して右角を中点に合わせて谷折りする

裏に返して、右角を下の辺の中点に合わせて谷折りします。

こうなります。

STEP5:四角に折るする

三角形の底辺部分に指を入れて広げます。

このように広げてから四角になるように潰します。

こうなります。

STEP6:点線で谷折りする

左右の角を中心線に合わせて谷折りし、トップを谷折します。

このように谷折りして折れ筋を付けます。

STEP7:広げて大きな三角形に折る

広げて折れ筋に沿って谷折りにします。

こんな感じに谷折りにして行きます。

こうなります。裏に返して同じように折ります。

STEP8:2枚の羽部分を広げる

2枚の羽の部分を広げます。

ずっと引っ張ると底の尖った部分が平らになります。

こうなります。

STEP9:羽を引き寄せるように中心線で山折りする

横の長い中心線を山折りにしながら左右の先端を引き寄せるように折ります。

中央の正方形の対角線は谷に、縦横の線は山にして中点を押すようにしながら左右の羽部分を引き寄せる感じです。

こんな感じで引き寄せます。

内側がX字に折れました。

外側はこうなります。

STEP10:左の角を中心に合わせて折る

左の角を中心に合わせて1枚目は谷折り、下の2枚目は山折りします。

こうなります。

STEP11:右側を縦の中心線で谷折りする

右側の一枚目を縦の中心線で谷折りします。

こうなります。

STEP12:横の中心線で谷折りする

横の中心線で谷折りします。

こうなります。

STEP13:左角を右角に合わせて谷折りする

左角と右角を合わせて谷折りします。

こうなります。

STEP14:右側の内側から後ろ足を引き出す

後ろ足を引き出し、首の線の対して30度から45度くらいに広げます。バランスを取ることでキリンが立ってくれます。

STEP15:左側を広げて山折りする

左側を広げて山折りします。

こんな感じです。

STEP16:頭を被せ折りする

左側は全体の長さの1/4くらいの所、右側は先端からお腹までの長さの1/3の所を結んだ点線で谷折りと山折りして折れ筋をつけ広げて被せるように折ります。

折れ筋をしっかりつけたら、広げて三角部分を山折りにして被せるように折ります。

こうなります。

STEP17:顔を谷折りする

先端から1cmくらいの所で谷折りします。

STEP18:お尻の形を整える

お尻の部分、先端から5mmくらいの所を一枚目は山折り、二枚目は谷折りして内側に折り込みます。

こんな感じです。

STEP19:前足の長さを整えて全体のバランスをとる

前足を数ミリ山折して長さを合わせ、後ろ足の位置とバランスよくすると立体的なキリンの出来上がりです。黒ペンで目とマークを入れればキリンらしく見えます。

上手に折るコツ

最後のステップで前足の長さを合わえて、後ろ足の角度を調節してバランスを取ると自立したキリンが出来ます。

机の上に動物園を作ろう!

いかがでしたか。ここでは折り紙1枚で作る立体的なキリンの折り方を紹介しました。

鶴が折れる方なら簡単に折る事が出来ると思います。ぜひお試しください。

(image by著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。