\ フォローしてね /

革靴に泥汚れがついたときに落とす方法

このライフレシピのもくじたたむ

雨の日に革靴でお出かけすると、泥が付いてしまう時ありますよね。ここでは、筆者が実践している革靴に泥汚れがついたときに落とす方法をご紹介します。

お手入れに必要なもの

  • やわらかい布:泥をふき取る用1枚、靴クリーナー用1枚、内側用1枚
  • 靴クリーナー:適量
  • カビ用ミスト:適量
  • ブラシ
  • 歯ブラシ

お手入れの具体的な手順

STEP1:ブラシと歯ブラシで表面の泥をとり、布で泥をふく

靴用ブラシで革靴の表面に付着している泥をとり、歯ブラシでソールと革の間など細かい部分についている泥をとります。その後、泥をふきとるための布で革靴についた泥をふきとります。

湿らせて固く絞った布を使うと泥を落としやすくなります。

STEP2:布に靴クリーナーをとる

表面に付いた泥をぬぐった後、さらにきれいに汚れをふきとるためにもう一枚の布を人差し指に巻きつけ、靴クリーナーを適量とります。

STEP3:革靴外側をふく

革靴の外側に靴クリーナーをうすくぬっていき、汚れをふきとります。

STEP4:別の布にカビ用ミストを染み込ませる

革靴内側用の布にカビ用ミストを適量染み込ませます。

STEP5:革靴内側をふく

革靴の内側は湿気をためこみやすくカビが発生しやすいので、カビ用ミストで汚れをふきとります。

STEP6:乾燥させる

直射日光の当たらない風通しの良い場所で乾燥したら、汚れ落とし完了です。

注意すべきこと

革についた泥汚れを落とさなければ、いくら革にクリームで栄養を与えても浸透しないのでしっかり泥汚れを落としましょう。ここまでの過程は泥汚れを落とすまでなので、泥汚れを落とし終わったら靴クリームで革に栄養を与えましょう。

おわりに

こちらの記事を参考に革靴の汚れをキレイに落として、楽しい革靴ライフを送ってください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。