\ フォローしてね /

男性用スラックスを型くずれさせず干す方法

洗濯物の中には、うまく干さないと、型崩れをしてしまうものがあります。それらの型崩れを防いで干す方法について、ご紹介していきます。

干す時に型崩れを気にするべきアイテムの見分け方

おしゃれ着洗い、ドライマークがついているものは、とくに型崩れしやすいです。たとえば、スラックス、セーター、カーディガンなどです。

逆に、綿素材などはあまり型崩れしません。たとえば、Tシャツ、トレーナーなどです。

干すのに必要な道具

  • ピンチ付のハンガーか、もしくは洗濯バサミとハンガー
  • あて布にするハンドタオル

具体的な干し方のポイント

乾かす前に引っ張る

裾の方を上にして、ぱんぱんっと左右に引っ張ります。引っ張って、シワをのばします。裾から股の方へあがり、丁寧に手でひっぱってシワをのばします。

できるだけ丁寧にひっぱりましょう。あまり強くしすぎたり、乱暴にすると、生地が傷んでしまう可能性があります。

あて布をしてとめる

右左足の裾をかさね、ハンドタオルをかけてから、ピンチでとめます。

ハンドタオルをかけてから、とめられることをお薦めいたします。でないと、ピンチの跡がついてしまうためです。あて布は、ハンドタオルでも、ハンカチでも構いません。

裾を上にして干す

裾を上にして干します。生地と水分の重みで、縦のシワがとれて、型崩れも防ぐことが出来ます。

干してから、スラックスがねじれたりシワがよったりしていないか、点検しましょう。横ジワがまだあれば、この時点で、もう一度ひっぱっておきましょう。

注意点

セーターなどの場合は、写真のように厚みのあるハンガーを使うようにしましょう。そうすることで、型崩れをふせぐことが出来ます。

おわりに

主人が毎日履いていくスラックスを、いちいちクリーニングに出すのはもったいないので、家で洗濯しています。型崩れしないように気をつけていますので、いつもしっかり折り目もついて綺麗です。ぜひ、お試し下さい。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。