1. 料理
    2. モロヘイヤとオクラのスタミナ和えの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    モロヘイヤとオクラのスタミナ和えの作り方

    ネバネバがとても体に良いと言われるモロヘイヤ。クセもないので食べやすく、著者の家族もみんな大好きです。

    モロヘイヤにさらにネバネバのオクラを加え、にんにくタレで和えたスタミナがつきそうな一品をご紹介します。

    材料(2人分)

    • モロヘイヤ(葉だけ):50g
    • オクラ:8本くらい
    • 鰹節:5g
    • おろしにんにく:3g
    • マヨネーズ:7g
    • ポン酢:大さじ2
    • 塩:少々(モロヘイヤを茹でるときとオクラの板ずりに使用)

    作り方(調理時間:15分)

    STEP1:タレを作る

    おろしにんにく、マヨネーズ、ポン酢をよく混ぜ合わせます。

    タレはこれだけです。簡単ですが、いろいろな和え物に使えます。

    STEP2:モロヘイヤを水洗いする

    モロヘイヤは葉の部分だけを使うので、太い茎から葉だけをとり、水洗いします。

    STEP3:モロヘイヤを茹でる

    沸騰したお湯に塩を少々入れ、モロヘイヤを中火で1分ほど茹でます。

    その後冷水で冷まします。

    緑色が少し鮮やかになったかなという感じくらいでちょうど良いです。

    STEP4:オクラの準備

    オクラは洗って、まな板の上で塩を振り、コロコロ転がすように板ずりして、産毛をとります。

    沸騰したお湯にそのままオクラを入れ、30秒ほどであげて、冷水で冷まします。

    緑色が少し鮮やかになったかなという感じくらいでちょうど良いです。

    STEP5:モロヘイヤとオクラを切る

    モロヘイヤは2cmくらい、オクラは5mmくらいの幅に切ります。

    STEP6:和える

    モロヘイヤとオクラを入れたボウルに鰹節を入れ、STEP1で作ったタレと良く和えます。

    STEP7:完成

    出来上がりです。

    さいごに

    オクラと同じくらいの大きさに角切りにした山芋を入れるのも、食感も良くなり、さらに栄養価も上がるので良いと思います。

    鰹節もうまみを出していて、とてもおいしいですよ。

    簡単ですがスタミナがつく栄養たっぷりのおかずです。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人