\ フォローしてね /

革靴は「育てる」もの!オトコの魅力を演出する靴磨きのやり方

男性社会人のみなさん。革靴の手入れ、やってますか?革靴はスーツに欠かすことのできないアイテムの一つです。「足元を見られる」ということわざではありませんが、ボロボロの革靴を履いているとダメな社会人と思われてしまうかも…。

面倒だな~……と、つい思ってしまう気持ちもわかります。しかし、そもそも革靴は定期的に手入れして、長期間使用するものです。また、手入れを習慣にすれば、靴に対する愛着もきっと湧いてくるでしょう。この記事では、革靴をキレイに手入れする方法やメリットについて解説します。

革靴を手入れするメリットとは?

手入れしないと、清潔感のないダメ男だと思われてしまう

清潔感は身だしなみの基本。ブランドもののスーツを着ていても、シャツにしょうゆの染みがついたら台無しです。それと同様に、せっかくの革靴もきれいな状態を保っていなければ台無し。どんなにいいスーツを着ても、かっこわるく見えてしまいます。そのうえ、性格もだらしないのではないか、と内面まで決めつけられてしまう可能性が。

手入れをすれば長持ちする

革靴はスニーカーやサンダルと同じ感覚で履くものではありません。履くときは必ず靴べらを使う、1日履いたら2日間休ませる、定期的にクリームを塗ってブラッシング……などなど、注意しなくてはいけないことがいくつもあります。

それは素材に革を使っているのだから、当然のこと。逆に、手入れを欠かさず正しい履き方をすれば、5年でも10年でも履けるそう。お高いブランドものでも長年履き続けることができれば、結果として安物よりお得になる可能性もあるんです。

履きこんだ革靴には味が出る

もっともよい状態の革靴は、新品ではありません。なぜなら革靴は使用者の足に合わせて変形し、次第に履きやすくなっていくからです。しっかり手入れしていくことで革特有のツヤが出て、味のある色味に変化します。

ジーンズを理想的に色落ちさせることを"育てる"と表現することがありますが、革靴も自分で育てて、良くしていくものなんですね。同じ革靴を何年も大切にしていれば、きっと大人のシブさを演出するアイテムになってくれます。

スーツを着るのが楽しくなる

会社に行くのが嫌で、革靴を履くのも気が重い……そんな風にやる気の出ない日は誰にでもあります。しかし、何足もの革靴、それに合うスーツを持てるのは、社会人だからこそ。普段から革靴が映えるフォーマルな格好ができるのは、大人の特権です。

手入れをしないとかっこいい状態に保てないのは、私服でも同じこと。スーツと革靴もオシャレの形の1つだと思えれば、仕事をするのも自然と楽しくなってくるはず!

手入れの仕方

革靴の手入れでもっとも面倒なのは、靴磨き。初めての場合だと、分からないことも多々あります。でもこまめに革靴の汚れを落とし、クリームで保湿しなければ、良い状態に保つことはできません。

ここから靴磨きのやり方を解説していきます。ぜひ参考にしてください。

靴磨きに必要なもの

  • ステインリムーバー
  • 乳化性クリーム
  • シュークリーム
  • ブラシ
  • クロス(クリームなどを染みこませる布)
  • ストッキング
ブラシ、クロスはできれば2つずつ用意。

STEP1:準備

靴磨きに必要なものを1箇所に集めます。新聞紙を敷くなどして、床が汚れないようにすれば室内でもできます。

STEP2:ブラッシング

ブラッシングして、表面についたほこりを落とします。

その後、古いクリームや汚れを落とすために、ステインリムーバーを染み込ませたクロスで革の表面を優しくふきます。

ステインリムーバーでぬれた革が乾いたら、次のSTEPへ。

STEP3:乳化性クリームを塗る

乳化性クリームをクロスに取り、靴に塗りこんでいきます。クロスが2枚ある場合は、ここで新しいものに取り替えましょう。一度に大量にクリームを使う人もいますが、実際にはお米2、3粒程度の量でよいと言われています。少量でも、靴全体にむらなく塗れば問題ありません。

細かいところまでクリームを塗りやすいという理由から、ブラシを使用するやり方もあります。

仕上げのブラッシングでしっかりとクリームを伸ばしながら、余分なクリームを落とします。ブラシを2本用意している場合は、まだ使っていない方を使用しましょう。

軽く叩くようなイメージで塗ると、むらができません。

STEP4:シュークリームを塗る

ごく少量のシュークリームを、クロスで革の表面全体に伸ばします。今回は茶色の革靴なので、赤色のものを使用していますが、靴に合った色のものを選ぶようにしてください。

STEP5:靴の表面を磨いて、光沢を出す

最後に、靴の表面を磨いて光沢を出します。使い古したストッキングが効果的なので、おすすめです。

おわりに

以上の靴磨きはおよそ月1回のペースで行えばOK。これに加えて、履くたびにブラッシングで汚れを落とす、中にシューツリーを入れて形の歪みを防ぐなどすることで、さらに良い状態を保つことができます。

小さな努力の積み重ねが必要にはなりますが、それは履き心地の良さ、革の美しさとなって返ってきます。日頃から手入れを怠らないようにしましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。