\ フォローしてね /

クメール(カンボジア)スタイル!簡単にできる本格フォーの作り方

フォーというとベトナムが本場ですが、お隣のカンボジアでもよく食べられています。今日はクメールスタイルの簡単フォーの作り方をご紹介します。

材料(2人分)

  • フォーの麺…200グラム
  • お好みの肉…100グラム
  • チキンスープの素…大さじ1
  • ニョクマム(ナンプラー)…大さじ1
  • 塩、こしょう…少々
  • 水…800cc
  • 薬味(もやし、玉ねぎ、好みのハーブ、すだち)…適量

作り方(調理時間:15分)

STEP1:薬味の準備

もやしは洗って水きりし、玉ねぎは薄くスライスしておきます。ハーブもさっと水洗いし、葉だけちぎっておきます。すだちは絞りやすいように、半分に切ります。

STEP2:スープを作る

水にスープの素を入れて沸かし、沸騰したら中火にします。

STEP3:肉を茹でる

食べやすい大きさに肉を切り、スープの中に投入します。骨付き肉(手羽元など)の場合は出汁が出るので、骨付きのままぶつ切りにします。中火で3分ほど茹でます。

STEP4:麺を茹でる

肉に火が通ったら、ナンプラー、塩コショウで味を調え、スープは完成です。食べる直前にスープを沸かし、麺を投入して中火で5分茹でます。

STEP5:盛り付ける

もやし、玉ねぎは余熱で火が通るので、食べる直前にお好みでいれてください。

ハーブとしてはパクチーが人気ですが、手に入らなければシソ科のハーブならなんでもよく合います。著者はバジルをチョイスしました。最後にすだちを絞るのがクメールスタイルです。

さいごに

フォーの薬味は香の強いものばかりですが、カンボジアではこのように肉が売られているので、スーパーで売っているものより臭みがあります。

なので、ハーブや香辛料で臭みを気にならなくしているようです。生活の知恵がうかがえる一品でした。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。