\ フォローしてね /

韓国語のちょっと面白い慣用句5選

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

数年前、著者は韓国料理店の厨房に勤務していました。まわりのアルバイトの人達は9割が韓国人で毎日のように韓国語に触れておりましたが、当時おしえて貰った韓国語の中で特に印象に残った慣用句を5つご紹介します。

韓国語の慣用句

더위 마니 먹었습니다.

  • 直訳:暑さをたくさん食べました
  • 意味:夏バテしました

例えば「폭염이 이어지고 더위 먹어 버렸다.」直訳すると「猛暑が続いて暑さを食べちゃいました」ですが、暑さで参っているという解釈ができるので「猛暑が続いて夏バテしちゃいました」という意味で使えます。

그 이야기는 귀에 못이 박히다.

  • 直訳:その話は耳に釘がささる
  • 意味:その話は耳にタコができる

これは日本と同じですね。「タコ」が「釘」に変わってます。これを教えて貰った時は、韓国にも日本と同じような慣用句があることに驚きました。

최근 속도위반 결혼 이 많다.

  • 直訳:最近、速度違反結婚が多い
  • 意味:最近、できちゃった婚が多い

「속도위반(速度違反)」と「결혼(結婚)」が一緒になっていると文法的には混乱してしまうような気もします。

実は、最近は韓国もできちゃった婚で結婚される方や芸能人が増えてきたようです。「速度違反」という語彙を利用するのも、なんとなく雰囲気はあって面白い慣用句であると思いました。

내 남편은 트로피 남편입니다.

  • 直訳:私の主人はトロフィー旦那です
  • 意味:私の主人は家事をしっかりやってくれる旦那です

表彰できるくらい洗濯、掃除、皿洗いの家事をこなしてくれる旦那様のことですね。日本でもトロフィーを貰えるような旦那さんの人口が増えるといいですね。

방귀를 하던 녀석이 화를 내다.

  • 直訳:オナラをした奴が怒る
  • 意味:悪い事をした人が怒る

悪い事をした人がバツが悪くなって逆ギレをするという感じでしょうか。たちが悪いですね。「上司が仕事でミスをして、バツが悪くて怒り出した」などという時に使えそうですね。

おわりに

いかがでしたか?ちょっと面白い慣用句を5つほどご紹介させて頂きましたが韓国にはまだまだ面白い慣用句がたくさんあります。

韓国語は日本語とほとんど同じ文法なので、割と覚えやすいと言われる言語です。是非、みなさんも楽しく韓国語を覚えてみてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。