\ フォローしてね /

車体が大きめの車のハンドルテクニック

トヨタのミニバン最高級車と言われるアルファードのハンドルテクニックを紹介します。

車種とスペック

2011年式のアルファードでグレードは240sタイプのパールホワイトになります。内装は八人乗り仕様となっています。

ハンドルテクニックについて

Uターン

交差点でUターンする場合には、車体を左に少しふってから大きく旋回します。スピードは徐行に近い位で走り、フロントを縁石にぶつけないように注意します。左にUターンする場合は、右の逆バージョンになります。

駐車時

車体が大きいので一度で駐車しようと考えず、二三回の切り返しで駐車します。見通しの悪い駐車場などでは、ミラーのみで行わず窓から顔を出して目視した方が安全です。

強風時や高速走行

車体が大きいと強風の時に車体があおられやすくなりまし、高速走行時に道路の凹みにはまるとハンドルがとられやすくなります。そんな、運転時には両手でしっかりとハンドルを握りブレないような運転を行います。

テクニックを向上させるためのポイント

慣れる

車に慣れる事が第一です。その車の特性や特徴を運転して体で覚えます。文章で把握するよりも効率的でしょう。

同乗者に確かめてもらう

同乗者に曲がり方や走行などがスムーズか確認してもらいます。自分ではスムーズと思っていても他人から見たら危険と思う場合もありますので、他人の意見を取り入れましょう。

ハンドルテクニックの注意点

ハンドルテクニックを意識しすぎて運転に支障をきたさないようにしたり、スムーズなハンドルテクニックと思っても他の自動車に迷惑がかかるような走行をしないように注意しましょう。

最後に

安全が一番大切だという事を忘れないようなハンドルテクニックを心がけて走行しましょう。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。