\ フォローしてね /

ピリッとして美味しい!フキの当座煮の作り方

当座煮とは、醤油や唐辛子などで少し辛めに味付けをした煮物のことで、「当座(しばらくの間)は保存がきく」ことからこう呼ばれるそうです。

地域ごとに色々な種類がありますが、今回はフキを使った当座煮の作り方をご紹介したいと思います。

用意するもの(2人分)

  • フキの水煮:100g(市販品でOK)
  • 鷹の爪:1本
  • だし汁:1/2カップ
  • 醤油:大さじ1
  • 酒:大さじ1
  • みりん:大さじ1
  • 砂糖:小さじ1

フキの当座煮の手順(所要時間:約20分)

STEP1:具材を切る

鷹の爪を、小さくカットします。フキも長いようであれば、食べやすい好みの大きさにカットしておきましょう。

STEP2:煮汁を作る

鍋に、だし汁、醤油、酒、みりん、砂糖、鷹の爪を入れて、よく混ぜ合わせてから中火にかけます。

STEP3:フキを入れる

煮立ってきたらフキを入れ、時々かき混ぜながら引き続き10分ほど加熱します。

STEP4:味をしみこませる

写真のように、煮汁が鍋底に少し残る程度まで煮あげたら火を止め、5分ほど味をしみこませます。

STEP5:完成!

器に盛り付ければ完成です。

自分なりのコツや注意点

生のフキは皮をむいて使う

今回は、市販品のフキの水煮バージョンで説明をしましたが、生のフキを当座煮する場合は、一度ゆがいてから水にとり、表面の薄皮をむくようにしましょう。

煮詰めすぎに注意

当座煮は煮詰めれば煮詰めるほど味が辛くなってくるので、常に目を離さず味を見ながら、ちょうど良い頃合いで火を止めるようにしましょう。

おわりに

ピリッとした辛味がアクセントになっていて、ご飯がすすむ一品です。簡単なので、ぜひ一度作ってみて下さいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。