\ フォローしてね /

中学理科 「植物の茎と根のつくりとはたらき」の学び方

植物のからだのつくりとはたらきは、しっかり頭を整理できると得点のしやすい単元です。ここでは、「茎と根のつくりとはたらき」についてまとめます。

茎のつくり(茎の形態、茎の内部構造)

茎は陸上で植物のからだを支えるのに役立ちます。茎のなかには水や肥料分、要養分の通り道があります。根で吸い上げられた水や肥料分の通り道を道管といい、水や養分は道管を通ってからだ全体の細胞に運ばれます。

水や肥料分が道管の中を流れる方向は一定で、維管束の並び方は植物の種類によって決まっています。葉脈が平行に通りひげ根をもつ植物では茎の中に散らばっており、葉脈が網目状に通り主根と側根をもつ植物では茎の中心を輪の形に囲むように並んでいます。

また、葉でつくられた栄養分を運ぶ通り道を師管といいます。

根のつくり(根の形態、根の内部構造)

根は、からだを大地に固定し、土の中の水や肥料分を吸収する役割をもちます。葉脈が平行に通っている植物(単子葉類)の根は、ひげ根です。葉脈が網目状に通っている植物(双子葉類)の根は、主根・側根の区別があります。

また、若い根の先端付近には、白い綿毛のような根毛と呼ばれるものがあります。根毛は、土の粒と粒のあいだに入り込み、根を土から抜けにくくしたり、根の表面積を大きくしてより多くの水や肥料分を吸収します。

水と栄養分の移動(水の移動、栄養分の移動)

水の移動

根で吸い上げられた水や肥料分は、道管を通って植物のからだ全体の細胞に運ばれます。

栄養分の移動

光合成によって葉でつくられたデンプンなどの栄養分は、水にとける物質に変えられてから、師管を通って、からだ全体の細胞に運ばれます。

維管束

茎にも根にも、道管や師管が集まって束のようになった部分があり、これを維管束といいます。茎の維管束の並び方は、植物の種類によって決まっています。

おわりに

根、茎、それぞれに道管と師管の集まった維管束があり、茎では維管束の並び方が植物の種類によって決まっていることがわかりましたね。葉の葉脈を見て、維管束の形と根の形がパッと頭に浮かぶようになったらばっちりです。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。