\ フォローしてね /

酸化したコーヒーの判断方法とコーヒー豆の保存方法

数年前までは悪者にされることが多かったコーヒーも、最近では様々な効能があることがわかってきました。その恩恵にあやかろうと健康のためにコーヒーを飲んでも、酸化したコーヒーでは効果も期待できませんよね。

さて、その判断方法とは?

新鮮なコーヒーとは?

古いコーヒーは見た目にはわからない

コーヒーは農作物です。果物などと同じ生鮮食品だとも言われていますが、コーヒーはとても特殊な飲み物です。

木から実を収穫し、乾燥させた種子を焼いて、挽いて、漉して、漉した液体を飲む...コーヒー以外にこの様に飲む飲み物が他にあるのかどうかはわかりませんが、全世界で長年愛されてきた飲み物です。

例えば、果物が腐れば目で見て判断できますし、腐った臭いもするでしょう。コーヒー豆の場合、一度乾燥させて焙煎してるので殆どの水分が抜けています。

ですから、腐敗したりカビが生えたりする事がなく、見た目では正直判断がとても難しいところです。

新鮮なコーヒー豆は淹れた時に膨らむ?

ひとつ、目で判断するとすればハンドドリップやネルドリップなどで淹れた時にコーヒーの粉が膨らむかどうかというところです。新鮮なコーヒーであれば、盛り上がる様に膨らみます。

焙煎したコーヒー豆は、中に無数の空洞ができます。コーヒーを淹れる際、スポンジ状に空洞が水分を吸収し膨らみます。

焙煎が深ければ深い程、豆の中に空洞が増えます。なので、深焙り豆の方がより膨らむのですが、逆に浅焙りは空洞が少なく小さい為、深焙り程膨らみません。

ですから、あまり膨らまない=新鮮じゃない、とは必ずしも言い切れないところがあります。

酸化したコーヒーの判断方法

「香り」と「味」で判断

そうなると、あとは「鼻」と「舌」が頼りになってきます。購入してすぐの状態の「香り」と「味」を是非、覚えておいて下さい。

香ばしい香りや果実のような酸味、口に広がる苦味。これが、不快な酸味や苦味になると酸化している可能性があります。

冷めたコーヒーの方がわかりやすいかもしれません。果実の様な酸味ではなく、渋い不快な酸味を感じたりします。刺す様な苦味になったりします。

香りは粉の状態の方がわかりやすいと思います。油が古くなった様な、ツンと酸化した不快な臭いになります。

コーヒー豆(粉)の保存方法

コーヒーの酸化をできるだけ避ける

コーヒーは味も然ることながら、香りを愉しむ飲み物です。豆は挽いて粉の状態にすると空気に触れる面積が増え、酸化が早まります。同じく香りは次第に揮発していきます。

美味しいコーヒーを飲む為に保存の際、出来るだけ次の事を避けます。

  • 直射日光
  • 酸素
  • 高温
  • 多湿
  • 時間の経過

コーヒー豆(粉)はこうして保存

コーヒー豆(粉)は、購入した袋に入れた状態で密封容器で保存しましょう。ゴムパッキンのついた容器がオススメです。

豆は焙煎から1ヶ月以内、粉は焙煎から7〜10日以内で飲みきるのがいいでしょう。更に冷蔵庫や冷凍庫は酸化する速度を緩める事ができます。

長期保存の場合は、密封された状態で冷凍庫での保存が好ましいでしょう。ただ、コーヒー豆は他の臭いを吸着する性質があるので、気をつける必要があります。更に、冷凍庫から何度も出し入れをすると結露により酸化が早まります。

冷蔵庫や冷凍庫から出したコーヒーは、一旦室温に戻してから淹れる様にして下さい。冷えた状態ですとお湯の温度が下がり、コーヒー成分がうまく抽出できないと思われます。

理想のコーヒー豆の買い方

豆本来の味を存分に愉しむ為には豆の状態で少量づつ購入し、密封容器に入れます。その都度、飲む分だけ直前に挽いて1ヶ月以内に飲みきるのが理想です。

保存方法がしっかりとされていれば、厳密には1年〜2年は飲用は可能だと言われます。ですが、豆本来の味や香りを味わって頂く為にはやはり賞味期限内に飲みきるにしましょう。

おわりに

コーヒーは「お店に売っているもの」ではなく、「遠い国からやって来て、たくさんの人々の手が加わっているもの」だと思うと、大事にしまっておいてはもったいないですね。美味しいうちに美味しく大地の恩恵を頂きましょう!

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。