\ フォローしてね /

「植物の分類:種子をつくらない植物」の学び方

植物は、大きく分けて「種子をつくる植物」と「種子をつくらない植物」に分類されます。ここでは、「種子をつくらない植物」についてまとめます。

種子をつくらない植物のなかま

種子をつくらない植物には、以下の3つの種類があります。

  • シダ植物
  • コケ植物
  • 藻(そう)類

シダ植物

シダ植物は、胞子でふえます。胞子はシダ植物の葉の裏にある、胞子のうの中にあります。からだのつくりは、根・茎・葉の区別があり、維管束が発達しています。葉緑体をもち、光合成をおこないます。

シダ植物のなかま

ワラビ、ゼンマイ、クサソテツなど

コケ植物

コケ植物も、胞子でふえます。根・茎・葉の区別がはっきりせず、維管束は発達していません。葉緑体をもち、光合成をおこないます。

コケ植物は、維管束が発達していないたねに、からだ全体で水や肥料分を吸収しています。そのため、日当たりの悪いじめじめしたところで生活しています。コケ植物には、雄株と雌株があり、それぞれどちらになるかは胞子の時に決まっています。

コケ植物のなかま

ミズゴケ、クロゴケ、マゴケなど

藻類(そうるい)

藻類も、胞子でふえます。根・茎・葉の区別はなく、維管束もありません。葉緑体をもち、光合成をおこないます。

藻類のなかま

コンブ、ワカメ、アオノリなど

種子植物との共通点

種子をつくらない植物には、種子をつくる植物(種子植物)との共通点もいくつかあります。

  • 細胞のなかに葉緑体をもち、光合成をおこなって、自分で養分をつくる。
  • 根・茎・葉の区別があり、維管束が発達している(シダ植物のみ)。

おわりに

種子をつくらない植物のポイントは、「胞子」、「根・茎・葉の区別の有無と維管束の有無」、「葉緑体と光合成」です。特に、胞子でふえることが最大の特徴ですので、しっかり押さえておきましょう。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。