1. 暮らし
    2. キッチンのシンク下収納の掃除方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    キッチンのシンク下収納の掃除方法

    キッチンのシンク下収納の掃除方法についてご説明します。

    掃除の頻度、タイミング

    掃除の頻度は、1ヶ月に1度くらい。掃除のタイミングは汚れが目についたら、出来るだけ早く掃除します。

    用意するもの

    • 掃除機
    • 除菌ウェットシート
    • 棒状のもの

    キッチンのシンク下収納の掃除のやり方

    STEP1:とり出す

    キッチンのシンク下に入っているものをすべて取り出します。

    普段から取り出しやすい環境を作っておくことが大切です。筆者も以前は、収納することを優先しすぎて、冒頭の画像左のような棚を全体に作り、ぎゅうぎゅうに詰め込んでいました。水漏れがした際に、中のものを取り出すのに苦労しました。

    STEP2:掃除機をかける

    掃除機の先を家具用ブラシに替えて掃除機をかけ、ホコリを取り除きます。

    STEP3:除菌ウエットシートで拭く

    除菌ウエットシートで、全体を拭きます。アルコール成分が入っていますので汚れも落ちます。

    除菌ウエットシートの説明を読み、使用可能な材質か調べてから使いましょう。

    STEP4:お掃除棒で掃除する

    隅々など指では入りきらない所の汚れは、棒状のものにウェットティッシュを巻いたお掃除棒で掃除しましょう。

    詳しいお掃除棒の作り方は下記のリンクを参考にしてください。

    STEP5:元通りにしまう

    シンク下が完全に乾いたら、今まで入っていたものを元通りにしまいます。

    キッチンのシンク下収納の掃除で注意すること

    扉を閉めて使う場所ですので、湿気はカビの原因にもなりますので厳禁です。拭いたら乾かすを徹底します。虫が好みやすい場所でもありますので、衛生面でも虫防止対策はしたほうがいいと思います。

    また、シンク下は配水管も通ってあり、お湯を流したりして温度変化もあるので、食品の保管には向いていないと思います。

    虫防止用品は説明書をよく読んで使いましょう。

    おわりに

    サッと取り出せるということは、サッとお掃除できることにつながります。気づいたときにお掃除すれば汚れも軽く簡単にすみます。

    収納量とお掃除しやすさのどちらを優先するか考えてみましょう。

    (image by筆者)

    このライフレシピを書いた人