\ フォローしてね /

野菜を茹でる代わりに!蒸し煮のやり方

「茹で野菜をつくるとき、鍋にお湯を沸かして塩を入れて・・・」なんて、時間がかかってしまうので、ここでは茹でる代わりにフライパンで簡単にできる蒸し煮を紹介します。

蒸し煮とは

蒸気で蒸すことで、短時間で色良くうまみも逃がさず茹であげられる調理法です。普通に茹でる場合と比べて、塩を入れる必要もないので、素材そのものを味わえ、減塩にも役立つ方法です。

材料

  • 水・・・適量
  • スナップエンドウ・・・半パック(20本くらい)
今回はスナップエンドウを使用しましたが、いんげん・おくら・ブロッコリーなどのお好きな野菜を用意して下さい。

作り方(調理時間:3分)

STEP1:フライパンで湯を沸かす

フライパンに1cm程度の水を張り、蓋をして強火にかけます。1分たらずで沸騰します。

野菜は、必要に合わせて筋をとったり、小房に分けたりして下準備をしておいてください。

STEP2:野菜を入れて蒸す

準備した野菜をフライパンに入れます。野菜全体が湯に浸らなくても大丈夫です。ふたをして、強火のまま1分程火にかけます。

スナップエンドウはつやっとふっくらしたら蒸しあがりです。ブロッコリー、いんげんなども濃い緑になれば火が通ったサインとなります。

茹で時間は量にもよりますが、1分で茹であがる目安としては、「おくら:1パック」、「ブロッコリー:1/3個」、「いんげんやスナップエンドウ:半パック」くらいです。

STEP3:完成

お湯を切ってできあがりです。

さいごに

お弁当の彩りに少しだけ野菜をゆでたいなんてときに、たくさんお湯を沸かすのは時間もかかりますね。

この蒸し煮ならあっという間に、色鮮やかにゆで野菜ができあがります。フライパンもほとんど汚れないので、洗わず続けて料理できるのも便利です。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。