\ フォローしてね /

冷凍モノを使って時短!牛スジ入りカレーの作り方

牛スジ入りカレーの作り方をご紹介します。作るタイミングは、夜ごはんのメニューに困った時です。

工夫している点は、その日に食べる分のみ作る事です。それは、梅雨~夏場は特に食中毒が心配だからです。多く作ってしまった場合は冷凍しましょう!

材料(12皿分)

  • 牛スジ・・・500g
  • じゃがいも・・・大2個
  • 人参・・・中1本
  • 玉ねぎ・・・大1個
  • プチトマト・・・5個
  • カレー粉・・・1箱(12皿分)
  • ローリエ・・・2枚(あれば入れる)
  • 水・・・1,400ml
  • サラダ油・・・適量
カレー粉のパッケージには、12皿分とありますが、大人3人、高校生1人、小学生1人で完食しました。

作り方(調理時間:60分)

STEP1:牛スジの解凍

冷凍室で保存しておいた牛スジを解凍します。

生の牛スジを購入したら、小口に切って、沸騰したお湯に入れて、アクを取りながら15分程煮て火が通ったら、流水でさっと洗い、冷ましてからジッパー付きの袋に入れ冷凍しておきましょう。

冷凍する場合は少し固まりかけた頃に、手で袋の上からスジ肉をほぐし、スジ肉同士がくっ付かないようにしておくと、バラバラに固まり、好きな分量のみ使えるので便利です。

STEP2:材料を切る

じゃがいもは小口切り、人参は薄い輪切りにします。玉ねぎは皮を剥き、半分に切って芽を取り、薄く切ります。画像は切って冷凍してた玉ねぎです。

著者宅には玉ねぎ、人参嫌いがいる為、薄く切りました。

玉ねぎは切っておいて、ジッパー付きの袋に入れて冷凍しておくと、忙しい時に便利です。

STEP3:炒める

フライパンに、サラダ油を引き、じゃがいも、人参、玉ねぎを炒めます。後で煮込みますので、ここで完全に火を通すのでは無く、油でコーティングする感じでOKです。目安は、じゃがいもの周りが薄っすら透き通ってくる位です。

玉ねぎは、冷凍すると組織が壊れる為、すぐ飴色になるそうです。

STEP4:水を加える

煮込み鍋に炒めた野菜を移し、水を1,400ml入れます。同時にローリエも加えます。

ガラス鍋は、保温性が強いので、沸騰状態等、ガラスの中を見ながら、火加減に注意して下さい。

STEP5:牛スジを入れる

時々かき混ぜながら煮込み、沸騰してきたら牛スジを加えます。

アクが出ますので、小まめに取りながら煮込みます。

STEP6:プチトマト・カレー粉を入れる

じゃがいもに、爪楊枝がさっと刺さる位野菜が柔らかくなったら、プチトマト、カレー粉を入れます。

カレー粉を入れると、焦げ付きやすくなりますので、小まめに混ぜながら煮込みます。

鍋に傷が付かない様に木しゃもじを使い、木しゃもじが鍋底につく感じで、鍋底に添って混ぜると、じゃがいもが荷崩れしにくくなります。

STEP6:出来上がり

熱々のカレーを器に盛りつけて完成です。

さいごに

カレーは、各ご家庭の味が出る食べもの代表格です。ビーフ、ポーク、チキン、コロッケ、ハンバーグも美味しいけれど、牛スジカレーは我が家の味で家族にも好評です。

硬い牛スジが好みの方のためのカレーです。お子様や牛スジが苦手な方がいらっしゃるご家庭は、牛肉と牛スジを混ぜて、牛肉のみを取り分けるようにした方がいいです。その場合は、牛スジはダシを取る物だと思って下さい。

牛スジ肉は、噛み切れなかったり、喉につまったりする可能性があります。十分注意してお召し上がり下さい。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。