1. 料理
    2. 夏は冷たく冬はホットで!焼酎の牛乳割りの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    夏は冷たく冬はホットで!焼酎の牛乳割りの作り方

    焼酎を牛乳で割った、とても飲みやすいカクテル「牛乳チュー(牛乳酎)」の作り方を紹介します。

    用意するもの(1人分)

    • 焼酎
    • 牛乳
    焼酎、牛乳、氷とも、グラスに対して適量です。

    アイス牛乳チューの作り方(所要時間:1分)

    STEP1:氷を入れたグラスに焼酎を注ぐ

    氷を入れたグラスに3分の1くらい焼酎を注ぎます。濃いめが好きな方は焼酎を多めに入れてください。

    焼酎は冷やしておいた方が氷が溶けず、水っぽくなりにくいです。

    STEP2:冷えた牛乳を注ぐ

    STEP1に冷えた牛乳を注ぎます。上の写真のようにグラスの8割くらいまでです。焼酎1に対し、牛乳2の割合です。

    低脂肪乳よりも特濃牛乳のほうが、焼酎に合います。

    STEP3:軽くまぜて完成

    マドラーなどで軽く混ぜてできあがりです。

    ホット牛乳チューの作り方(所要時間:1分)

    焼酎に温めた牛乳を入れてもとてもおいしいです。焼酎1に対して、温めた牛乳2で割ります。冬は身体がとても温まります。

    焼酎と牛乳の選び方

    焼酎の選び方

    芋焼酎や韓国焼酎Jinroも試してみましたが、筆者は癖のない麦焼酎が一番合うと思いました。

    牛乳の選び方

    基本的に自分で飲んでおいしいと思える牛乳を使えば、自分好みのおいしい牛乳チューができます。筆者はいつも特濃系の牛乳を使っています。

    いろいろと試して、お好みの牛乳チューを見つけてください。

    おわりに

    焼酎に牛乳を入れるだけで、特別なモノは何も加えませんが、牛乳が焼酎をまろやかにして、とても飲みやすいカクテルです。アイスでもホットでも、いけますので、ぜひお試しください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人