\ フォローしてね /

1人分でも簡単に!フローズンフルーツ・サングリアの作り方

夏向きの飲み物として人気のサングリアは、赤ワインに色々な果物を浸けこんだフレーバーワインのことです。大きな器に浸けこんで大勢で楽しむようなイメージが強いですが、1人でも簡単に楽しめますよ。

今回は筆者がいつもささっと作っているお手軽な「フローズンフルーツ・サングリア」を紹介しましょう。

材料(1人分)

  • 赤ワイン:適量
  • 冷えたサイダー:適量
  • 凍らせたフルーツ:適量

予めひと口大よりやや小さめにカットしたフルーツを冷凍しておきます。

フルーツは何でもOKです。1種類でも数種類でもお好みで構いません。今回はバナナ・グレープフルーツ・パイナップルを使っています。

サイダーは今回アップル味を使用していますが、普通のものでもOKです。

作り方(調理時間:5分)

STEP1:グラスに凍った果物を入れる

グラスに凍ったままの果物を、画像のようにグラスの半分ほど入れます。

STEP2:赤ワインを注ぐ

常温の赤ワインをその上から注ぎます。グラスの半分~7分目くらいを目安に入れて下さい。

お酒の弱い方は割合を少なくして下さい。

STEP3:浸けておく

この状態のまま、5分浸けておきます。

STEP4:冷たいサイダーを注ぐ

5分経ったらサイダーを適量注ぎます。今回筆者は全体の量がグラスの8分目ぐらいになるまでサイダーを注ぎました。

STEP5:完成!

これで出来上がりです。ミントは飾り用なので無くても構いません。

果物がちょうどシャーベットくらいに溶けて、美味しいですよ。

こだわりポイント

ワインだけを飲むのではなく、果物を口に入れてからワインを飲み、口の中で混ぜるようにすると美味しく楽しめるので、フルーツはひと口大よりやや小さめに切ることがこだわりポイントです。

今回は果物のリンゴの代わりにアップルサイダーを入れました。他にも、果物のリンゴを入れたときにはオレンジ系の炭酸飲料にするなど、入れるフルーツに合わせて炭酸飲料の味を変えるようにするとより楽しめます。

注意点

ワインの量が少ない場合は果物が溶けにくいので、スプーンなどで果物をかき混ぜるなどして、全体にワインが行きわたるようにして下さい。

また、冷えすぎると風味がなくなってしまうので、氷は入れないで下さい。

さいごに

筆者はフルーツを買ってきたらいつも少しだけ冷凍しておいて、サングリアを作って楽しんでいます。

実は一晩浸けこんでしまうと酒税法に引っかかってしまうサングリア。5分待つだけでも十分甘い香りがワインに移って美味しいサングリアになりますよ。夏は特におススメです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。