\ フォローしてね /

クレンザーを使おう!ユニットバスの浴槽の基本的な掃除方法

ユニットバスの浴槽の掃除は、通常のお風呂のように床を濡らすことができないので、ちょっと難しいと感じる方もいらっしゃると思います。

ここでは、著者が実践しているユニットバスの浴槽の基本的な掃除方法をご紹介したいと思います。

掃除の頻度、タイミング

毎日お風呂を使用する前に行ないます。

掃除に必要な道具

  • スポンジ
  • お風呂用洗剤
  • クレンザー

掃除の具体的な手順

STEP1:物を全て退かす

浴槽の外側にはバスマットやシャワーカーテン、バスタオルなど色々な物があると思います。掃除の際、水や洗剤が飛び散るのを避けるため、これらは全て退かします。

浴槽の内側に置いてあるシャンプーや石鹸類も全て退かしましょう。

STEP2:洗剤をかける

お風呂用洗剤を浴槽に回しかけます。全体にまんべんなくかけましょう。

お風呂用洗剤の上からクレンザーを振りかけます。クレンザーを併用すると、浴槽の水垢や黒ずみを簡単に取り除くことができます。

STEP3:スポンジで擦る

スポンジで浴槽を擦ります。ざらつきや黒ずみを取り除くように、優しく丁寧に擦りましょう。

浴槽内の段差がある部分も汚れが溜まりやすい部分なので、忘れずキレイにしましょう。

蛇口の部分もクレンザーで磨くとピカピカになります。

隅の部分もしっかりきれいにしましょう。

浴槽の外側を擦る時は、スポンジの水をギュッと出来るだけ絞ってから擦りましょう。

スポンジが水分をたくさん含んでいると、床がビショビショになってしまうので注意しましょう。

お湯を出して、浴槽の洗剤を洗い流します。

蛇口のお湯が届かない所は、スポンジを使って拭くようにすすぎます。

浴槽を指で触って、ぬるぬる感がなくなったら、すすぎ完了です。

最後に浴槽の外の床が濡れていないかチェックします。濡れている時は、乾いた雑巾で拭きましょう。

最後に退かした物を元に戻して完了です。

その他、ユニットバスの浴槽の掃除で注意すること

クレンザーは浴槽の黒ずみを取ってくれるので便利ですが、あまりゴシゴシ力を入れて擦ると浴槽に傷が付いてしまうことがあります。

スポンジにはしっかりお湯を含ませ、優しく擦ってください。

おわりに

いかがでしょうか。ピカピカの浴槽は気持ちが良いですね。ぜひ、実践してみてください。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。