\ フォローしてね /

バター不使用のカスタードクリームで!さわやかレモンクリームパンのレシピ

バターを使わないさっぱりとしたレモンカスタードクリームを入れた、クリームパンの作り方をご紹介します。

著者の娘はクリームパンが大好きですが、主人は甘すぎるパンが苦手です。そこで主人にも食べてもらえるような、甘すぎないクリームパンを作りたいと思っていました。

そんな時に考えついたクリームパンです。

材料(6個分)

パン生地

  • 強力粉…145g
  • 水…75ml
  • 溶き卵…17g(余った分は焼く前にパンの表面に塗るようにとっておく)
  • バター…17g
  • 砂糖…14g
  • スキムミルク…3g
  • 塩…2g
  • ドライイースト…3g

レモンカスタードクリーム

  • 卵…1個
  • 砂糖…40g
  • 薄力粉…30g
  • 牛乳…140ml
  • レモン汁…20cc(レモン半分くらい)
市販のレモン汁ではなくレモンを使う場合は、皮を良く洗い、薄く剥いたものを細かく刻んで、クリームに入れたり、パンを焼くときに上に飾ったりできます。

作り方(調理時間:3時間)

STEP1:パン生地を作る

パン生地の材料をホームベーカリーに入れてパン生地コースにセットし、パン生地を作ります。

STEP2:レモンカスタードを作る

鍋に牛乳と砂糖を入れ、沸騰しないように弱火で3分くらい温めましょう。

温まったらいったん火を止めて、ふるった小麦粉を入れて、だまがなくなるまで良く混ぜます。

溶いた卵を入れて、弱火で5分くらいかき混ぜながら温め、とろりとした状態にします。

レモン汁を加え、さらに混ぜて出来上がりです。パン生地に包むためこのまま冷ましておきましょう。

市販のレモン汁ではなくレモンを使う人はレモンのを薄く剥いて、細かく刻んだものを入れると風味が増します。

STEP3:生地を休ませる

出来上がったパン生地を6等分に丸め、濡れふきんをかけ15分生地を休ませます。

STEP4:生地を成形する

手のひらを使って生地を丸く伸ばし、クリームを生地の真ん中に入れます。

生地の縁を引っ張っり上げながら包んでいきましょう。

打ち粉をしっかりすると手に生地が付きにくく、伸ばしやすいです。

STEP5:2次発酵

40℃のオーブンで45分2次発酵させましょう。

発酵が終わったら、お好みで表面に溶き卵を刷毛で塗ったり、茶こしで強力粉を振りかけたり、レモンの皮を細かく切ったものをのせて飾り付けしましょう。

STEP6:焼いて出来上がり

180℃に予熱したオーブンで18分焼いて出来上がり。

さいごに

(image by 著者)

カスタードクリームを作るときにバターを使わないのと、レモンの風味でさっぱりと仕上がり、主人も「朝食にもいいね。」と言ってくれました。

カロリーを気にする方にも良いと思います。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。