\ フォローしてね /

諦めないで!歯磨き粉を使って洗濯物の修正液の汚れの落とし方

修正液は基本的に消えない、落とせないを目的に作られているので、衣類につけた汚れも落とすのがとても難しいシミのひとつです。

ここでは黒の綿のソックス似ついた修正液を例に家庭でできる修正液の汚れの落とし方を紹介します。

用意するもの

  • 歯磨き粉
  • 古い歯ブラシ
歯磨き粉は漂白効果を目的としていない普通の物を使いましょう。衣類の色落ちの可能性が高いからです。

落とし方

STEP1:自然乾燥させてしっかり乾かす

修正液がついてしまったら、直ぐに拭き取ると汚れが広がってしまうのでそのまま乾くのを待って固まってから、手で揉むようにして取り除きます。

生地を傷めないように爪で掻いたりしないようにします。

STEP2:歯磨き粉を付けた歯ブラシで優しく擦る

古い歯ブラシに歯磨き粉をつけ汚れ部分をたたき出すようにします。

強く擦ると生地が傷むので力を加減しましょう。

STEP3:ぬるま湯ですすぐ

ぬるま湯ですすいで歯磨き粉を落とします。STEP2とSTEP3を根気よく5-6回繰り返します。

STEP4:前処理の終了

かなり汚れが薄くなっています。この後は素材に合った通常の洗濯方法で洗濯します。

注意する点

洗濯表示をチェックして家庭で水洗い可を確認しましょう。水洗い不可の物はクリーニング店で相談しましょう。

色落ちテストを行いましょう。綿棒に歯磨き粉をつけて服の内側の目立たない所を軽く擦り、衣類の色がつかなければ大丈夫です。

おわりに

いかがでしたか。ここでは洗濯物の修正液の汚れの落とし方を紹介しました。完全に落とすのは難しいですがかなり目立たないようにすることができます。

修正液を使う場合は服にシミになり易いと認識し、お洒落着はなるべく避けるといいかもしれません。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。