1. 暮らし
    2. 使い分けして!フローリングワイパーで汚れを落とす方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    使い分けして!フローリングワイパーで汚れを落とす方法

    フローリングの床の掃除はどのようにしていますか。面倒な履き掃除と拭き掃除を一緒に出来る便利グッズが、フローリングワイパーですね。

    今回は筆者が実践しているフローリングワイパーを使った掃除方法を紹介しましょう。

    フローリングワイパーで落とすのに向いている汚れ

    フローリングの床の髪の毛、糸くず、ホコリ、食べこぼし、油汚れなどを落とすのに向いています。手の届かない家具の下などに便利です。凹凸のないビニール床にも使えます。

    使用するもの

    • フローリングワイパー
    • 取り換え用ドライシート
    • 取り換え用ウエットシート
    • 住居用洗剤(弱アルカリ性)

    フローリングワイパーを使った掃除方法

    STEP1:ドライシートを取りつける

    フローリングワイパーのヘッド部分(長方形の部分)にドライシートをあてて、上部の4箇所の切りこみにシートを挟みこんで固定します。

    STEP2:フローリングに落ちた髪や糸くずなどを拭き取る

    木目に並行に動かしながら、床に落ちた髪や糸くず、ホコリなどを拭き取ります。これでほとんどのゴミやホコリはシートにからめ取ることができます。

    STEP3:油汚れなどを拭き取る

    次にウエットシートを使って、STEP2で取り切れない油汚れなどを拭き取ります。雑巾がけができない家具の下などもフローリングワイパーで拭き掃除ができます。

    応用編:頑固な汚れを拭き取る

    ウエットシートでも取れにくい汚れは住居用洗剤を、ヘッドにつけたドライシートに吹き付けて汚れをきれいにします。

    手の届かない家具の下などにおすすめです。

    二度拭き不要の洗剤を使ってください。

    フローリングワイパー自体のお手入れ

    ヘッドの部分はホコリで汚れやすいので、掃除が終わったらシート(ドライでもウエットでもOK)の裏面を使って拭いておきます。

    フローリングワイパーを使うときの注意点

    汚れのついたシートをそのままにしておくと、シミやダニの原因になります。常に新しいものと取り換えて使いましょう。

    応用編で紹介した住居用洗剤を使ったやり方は、ワイパーに変色などの影響がないか確認してからにしてください。また、フローリングの素材(白木やコーティング材など)によっては不向きなので注意してください。

    さいごに

    時間がないときや、掃除機を使うほどではないちょっとした汚れにはフローリングワイパーが活躍してくれますね。

    付け換えも簡単なので、楽しく掃除できるのではないでしょうか。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人