\ フォローしてね /

キャンプで使えるロープワーク!「二重8の字結び」と「ふた結び」のやり方

今回は、キャンプで役立つロープワークを2種類ご紹介します。

結び方1:二重8の字結び

特徴

シンプルな結びながら、強度は十分にありキャンプで大活躍します。少し解きにくいという難点はありますが、ロープの途中にループ(輪)が作れるので、用途の広さが魅力です。

使用する場所

キャンプ地で野外クッキングをして、記事トップの画像のように、調理器具を干したりする時に使えるロープワークです。

二重8の字結びの手順

STEP1:二つ折りにする

まず、1本のロープを写真のように二つ折りにします。

STEP2:ループを作る

次に折った2本のロープを平行にしたまま、先端にループを作ります。ループの先端が上になるように置きます。

STEP3:くぐらせる

さらに、ループの先端が2本の平行ロープを巻き込むようにくぐらせます。

STEP4:大きなループに引き込む

写真のように、大きなループの中に先端ループを引き込みます。

STEP5:引っ張る

2本の平行ロープと、先端ループを左右の手で引っ張れば完成です。

実際に使用する場合は、2本の平行ロープの部分を長く取ると便利なので、多めに調整しましょう。

結び方2:ふた結び

特徴

ふた結びは、カヌーの一時係留にも使われるほど、強度が強く信頼性の高い結び方です。負荷がかかるほど、強度が増します。

使用する場所

キャンプではテントの張り綱を結ぶ時に最適です。井戸などから、水汲みをするためにバケツを吊り上げる時にも使えます。

ふた結びの手順

STEP1:ループを作る

木に巻いたロープの先端をロープの下側から通し、木との間にループを作ります。

STEP2:ループの中に先端を通す

できたループの上側から、ロープの先端をループの中に通します。

STEP3:締める

ロープの端と端を持って締め、ロープの下をくぐらせて先端を上に出しておきます。

STEP4:再度ループの中に先端を通す

再び作ったループの上側から、ロープの先端をループの中へ通します。

STEP5:再度締める

きっちり締めれば、ふた結びの完成です。

分かりやすくするために、やや緩い状態で写真を撮りましたが、最後は必ずきつく締めるようにしましょう。

注意点

ふた結びは負荷がかかっていないと緩んでしまうことがあるので、必ずテンションのかかる場所で使うようにして下さい。

おわりに

いかがでしたか?キャンプに行かれる方は、是非参考にしてくださいね。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。