\ フォローしてね /

器蒸しの代表メニュー!基本的な茶碗蒸しの作り方

小鉢や深皿などに具材を入れ、その器ごと蒸して作る料理を器蒸しと言います。かぶら蒸しやみぞれ蒸しなどもこのジャンルに入りますが、今回は最もポピュラーと思われる、茶碗蒸しの作り方をご紹介したいと思います。

用意するもの(3人分)

  • 鶏肉…40g
  • 酒…小さじ1
  • ゆりね…1/2個
  • 三つ葉…3~4本
  • だし汁…2カップ
  • みりん…小さじ2
  • しょうゆ…小さじ1
  • 塩…ひとつまみ
  • 卵…2個
  • かまぼこ…3切れ

具体的な茶碗蒸しの手順(所要時間:約30分)

STEP1:鶏肉に下味をつける

鶏肉を一口大の大きさに切り、酒としょうゆ(分量外:小さじ1)で下味をつけます。

STEP2:野菜の下ごしらえをする

ゆりねは1枚ずつはがして茶色い部分を取り、水洗いします。三つ葉は、茎の部分を3cmぐらいの長さに切っておきます。

STEP3:ゆりねを茹でる

酢(分量外:大さじ1)を入れた熱湯で、ゆりねを1分ほどゆがき、ザルにとってから食べやすい大きさに切り分けます。

STEP4:だし汁を温める

鍋にだし汁、みりん、しょうゆ、塩を入れ、ぬるま湯ぐらいの温度まで温めます。

STEP5:卵液を作る

溶きほぐした卵の中に、先ほどのだし汁を入れてよく混ぜ合わせます。

STEP6:卵液を漉す

滑らかな舌触りになるように、卵液をザルやぬれ布巾などで漉します。

STEP7:容器に入れる

完成した卵液を3等分して容器に注ぎ入れ、鶏肉、ゆりね、三つ葉の茎、かまぼこも加えます。

STEP8:蒸し器をセッティングする

水を張った蒸し器を、強火にかけます。本格的な蒸し器がなくても、写真のような鍋に足付きの網を敷いて代用することもできます。

水の量は、中敷きの下1cmぐらいまでとします。

STEP9:蒸す

蒸気が上がってきたら、容器を入れ、鍋のフタをして約20分蒸します。最初の1分間は強火、あとは弱火で蒸してください。

STEP10:固まり具合を確かめる

竹串を刺し、透明な汁が出てきたらOKです。液が少し濁っているように感じたら、様子を見ながらもう少し蒸しましょう。

STEP11:完成!

仕上げに三つ葉の葉の部分をちらせば完成です。アツアツのうちに、お召し上がりください。

自分なりのコツや注意点

強火で加熱しすぎない!

強火で加熱しすぎると、蒸気が多すぎて、茶碗蒸しの表面にすが立ってしまいます。そうならないように、弱火で適量の蒸気を保ちながら、やさしく温めるのがコツです。

空焚きに要注意!

器蒸しの料理は、中敷きに触れない程度に水を少し入れるだけなので、気付いたら空焚きに近いような状態になっている場合があります。調理中は、よく気を付けて見ておくようにしましょう。

おわりに

しっとりと上品な味わいで、おかずに出すと喜ばれます。椎茸や銀杏を入れても美味しいですので、具材はお好みで変えてみてくださいね。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。