\ フォローしてね /

クリームチーズ入り!クッキー饅頭の作り方

このライフレシピのもくじたたむ

筆者は洋風の焼き菓子はよく作るものの、繊細な和菓子作りは実はニガテです。

今回ご紹介するのは、そんな筆者がオススメする。ちょっぴり洋風な「クッキー饅頭」の作り方です。

材料(20個分)

  • 薄力粉:150g
  • ベーキングパウダー:5g
  • バター:50g
  • 生クリーム:50cc
  • 砂糖:50g
  • クリームチーズ:90g~
  • ラム酒漬けレーズン(あれば):適宜
  • ドリュール(溶き卵) :適宜
  • 打ち粉(薄力粉):適宜

作り方

STEP1:材料を準備をする

粉とベーキングパウダーは計量しておきます。写真では、ベーキングパウダーの小袋がちょうど5gなので、そのまま1パック入れます。

バター、生クリーム、砂糖はそれぞれ計って、ひとつのボウルに入れておきます。

ラム酒漬けレーズンも20個程度用意して、水気は少し切っておきましょう。

小さめのボウルとふるい代わりのちいさなザルを重ねて粉を計量すると、生地に投入する際、このままふるいながら入れられて便利です。
お酒に弱い人やお子様が食べる場合は、普通にお湯で戻したレーズンを使うと良いでしょう。

STEP2:饅頭の中身(あん)を作る

クリームチーズは20個程度に切り分けます。写真は「キリ」を5個、それぞれ4分割して使用しました。

そのひとつを手に取り、真ん中を指でくぼませてレーズンを1個入れ、軽く包んで丸めておきます。

厳密に包まなくても、まんまるに丸めなくても写真程度で大丈夫です!

STEP3:クッキー生地を作る

ボウルを湯せんするか、もしくは電子レンジ強で約30~40秒加熱し、「バター、生クリーム、砂糖」を、泡だて器を使ってよく混ぜ溶かします。そこへ、用意しておいた粉類を一緒にふるいながら加えます。

ここでヘラに持ち替え、練らないようにサックリと混ぜ合わせます。

粉っぽさがなくなればOKです。

STEP4:クリームチーズあんをクッキー生地で包む

生地がまとまれば20等分(およそ直径1.5~2cmくらい)の目安をつけておき、手のひらで平たくのばして、写真の要領であんを包みます。

中身がクッキー生地から出てしまわないようにしっかり閉じましょう。

STEP5:焼成

包めたものから、オーブンペーパーを敷いた天板に並べ、ドリュールをハケで塗ります。160度に予熱したオーブンで約20~25分、うっすらとキツネ色になるまで焼きます。

焼けたら完成です。

おわりに

饅頭といえば和菓子ですが、目先の変わった洋風饅頭はいかがでしたでしょうか?

さっくりクッキー生地に、クリームチーズとラムレーズンが絶妙マッチ。焼きたてはもちろん、さめても美味しい「クッキー饅頭」をぜひお試しくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。