\ フォローしてね /

「動物のからだのしくみ:排出のしくみ」の学び方

動物は、生きていくために体に必要な養分を取り入れ、それを排出することで体の中の状態を保っています。ここでは、不要な物質はどのようにして体から取り除かれるのかをまとめます。

栄養素の分解によってできる不要物

動物の体のなかに取り入れられた養分は、体内のそれぞれの器官を通って変化していきます。その過程で、水・二酸化炭素・アンモニアといった不要物ができます。

不要物の排出(水、二酸化炭素、アンモニア)

水と二酸化炭素

体の中に取り入れられた養分は、細胞では呼吸の材料となり、酸素を使って分解され、水と二酸化炭素になります。このとき放出されたエネルギーは、細胞の生活活動に使われます。

細胞の呼吸でできた水は、組織液をなかだちにして血液の血しょうに戻されます。その後、腎臓に送られ、不要な分は尿となって体外へ排出されます。

また、二酸化炭素は組織液をなかだちにして血液の血しょうに溶け込み、へ運ばれたあと、肺胞で空気中の酸素と交換されて体外へ排出されます。

アンモニア

細胞の中でタンパク質が分解されると、体に有害なアンモニアができます。アンモニアは、細胞から組織液に出されたあと、血液に取り込まれ、すぐに血液によって肝臓に運ばれ、無害な尿素に変えられます。

尿素などの不要な物質は、血液によって腎臓に運ばれます。腎臓の毛細血管の部分で、不要な物質はこしだされ、尿になります。尿は輸尿管を通ってぼうこうに一時的にためられ、体外に排出されます。

ヒトの排出系

腎臓

腎臓は、血液中から不要な物質をこし出し、尿を作って体外へと排出し、また必要な物質を血液中に戻します。また、腎臓には血液中の塩分や水分の量を調節して一定に保つはたらきもあります。

輸尿管

腎臓とぼうこうをむすぶ管で、腎臓でつくられた尿をぼうこうへ送ります。

ぼうこう

腎臓でつくられた尿を一時的にためておきます。

おわりに

「排出のしくみ」でのポイントは、ずばり腎臓のはたらきです。腎臓・輸尿管・ぼうこうはヒトの排出系としてセットで覚えましょう。

(image by amanaimages)(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。