\ フォローしてね /

適度な水切りがポイント!豆腐を例にした「揚げ出し」のやり方

豆腐やナスなどを素揚げ、または片栗粉や小麦粉をまぶして揚げる料理のことを「揚げ出し」と言います。

今回は、日本人の食卓になじみ深い「揚げ出し豆腐」の作り方をご紹介したいと思います。

用意するもの(2~3人分)

  • 木綿豆腐:1/2丁
  • 生姜:10g
  • 片栗粉:適量
  • サラダ油:豆腐が浸る量
  • めんつゆ(3倍濃縮):50ml
  • 水:100ml
  • かつお節:適量
  • 七味唐辛子:適量

具体的な揚げ出しの作り方(所要時間:約30分)

STEP1:豆腐を水切りする

豆腐を8等分して、キッチンペーパーの上に載せて水切りします。5分経ったら裏返して、さらに5分水切りします。

STEP2:生姜をおろす

生姜の皮をむいて、おろし器にかけておろします。

STEP3:片栗粉をまぶす

水切りした豆腐の表面にまんべんなく片栗粉をまぶし、余分な粉をはらっておきます。

STEP4:油を温める

油の温度設定を170度にして、温まるのを待ちます。

ガスコンロの場合は油を中火で熱し、小麦粉を1~2滴鍋に落とし、鍋底につくかつかないかぐらいで浮き上がってくれば適温です。

STEP5:つゆを温める

別の鍋に、めんつゆと水を入れて、弱火で温めておきます。

STEP6:揚げる

油が170度に達したら、豆腐を入れ、1分半ほど揚げます。豆腐が薄く色づいたら、ひっくり返してさらに1分半ほど揚げます。

STEP7:油を切る

キッチンペーパーを敷いたバットの中に豆腐を移し、余分な油を切ります。

STEP8:つゆをかければ完成!

豆腐を器に盛り付け、めんつゆをかけ、おろし生姜、かつお節、七味唐辛子などをお好みでトッピングすれば完成です。

自分なりのコツや注意点

水気を切りすぎない

揚げ出し豆腐は、揚げ物料理なのでついつい「水気をしっかり切らなくては!」と思ってしまいますが、過度にすると豆腐の美味しさが逃げてしまいます。特に重しをする必要はなく、上で説明したぐらいの水切りで十分です。

高温で揚げない

揚げる際は余計な片栗粉をしっかりはらい、中温(160~170度)で揚げるようにするとちょうど良い色付きになります。豆腐のように水気の多い食材は、高温には向きませんので注意しましょう。

おわりに

家庭になじみある食材だけで簡単に作れますので、ぜひ一度試してみて下さいね。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。