1. 暮らし
    2. 夏に欠かせないエアコン!ホコリくさいときの掃除方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    夏に欠かせないエアコン!ホコリくさいときの掃除方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    エアコンをつけてみたら、ニオイが気になるときはありませんか?

    ここでは、そんなときの筆者が行っている掃除方法を紹介します。

    必要なもの

    • 重曹
    • エタノール水(エタノール80ml+水20ml)
    • 割り箸
    • 古布
    • 輪ゴム
    • 古ハブラシ
    • タオル
    エタノール水は市販のアルコール除菌剤でも代用出来ます。

    掃除のやり方

    STEP1:重曹水を作る

    シンクに深さ3cmほど水を張り、そこに重曹を大さじ1程入れて混ぜ、重曹水を作ります。

    STEP2:エアコンのフィルターを外す

    吹き出し口の裏側にフィルターが設置してあるので、引き出します。

    STEP3:重曹水に5分ほど浸ける

    重曹水に5分ほど浸けます。フィルターを動かすと汚れが浮いてきやすいです。

    STEP4:洗い流す

    重曹水を流し、その後きれいな水でフィルターを洗い流します。

    しつこい汚れは古ハブラシで優しくこすり落としてください。

    STEP5:タオルで拭きしっかり乾かす

    タオルで水気を拭いてから、乾かすと短時間で乾きます。

    STEP6:古布を割り箸に巻きつけて輪ゴムでとめる

    割り箸に、10cm×10cmほどの布を巻いて、輪ゴムでしっかり留めます。

    STEP7:エタノール水をしみ込ませる

    布の先の方を中心にエタノール水をしみ込ませていきます。

    STEP8:拭く

    吹き出し口からエアコンの内部を拭いていきます。黒いほこりやカビが布についてきます。

    下に汚れが落ちるので、家具やカーテンなど汚れないようにどかしておきましょう。

    STEP9:仕上げ

    汚れがとれたら、綺麗な古布にエタノールをしみ込ませて仕上げにもう1度内部を拭きます。

    布が汚れたときは、布を捨て、割り箸に違う古布を巻いて輪ゴムでつけます。エタノールをしみ込ませたら、再度内部を拭いていきます。

    STEP10:内部を乾かして、フィルターを戻したら完了

    吹き出し口をしばらく開けて、空気が入るようにしておきましょう。しっかり乾いたフィルターを戻して終わりです。

    注意点

    筆者はニオイを防ぐために、フィルターは1ヶ月に1度は掃除をし、乾いた雑巾を使い砂埃を落としています。

    室外機が汚れていると、きれいな空気が取り込まれません。月に1度のペースで砂埃を落とすことを心がけてください。

    おわりに

    この掃除のポイントはエタノールで内部を除菌するところです。市販のアルコール除菌剤でも可能ですので、ぜひ試してみてください。

    Twitterで紹介!

    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    このライフレシピを書いた人