\ フォローしてね /

「オリジナルお掃除棒」を使った除湿機の掃除方法

筆者宅の除湿機の掃除方法をご紹介します。

掃除の頻度は、梅雨の季節はほぼ毎日使っているので1週間に1度ほど。タイミングは、フィルターの目に埃が目立ってきたら掃除しています。

掃除に必要な道具

  • 掃除機
  • 家具用ノズル
  • お掃除棒
  • スポンジ
  • アルコールの入っていないウエットテッシュ
  • 液体洗剤(筆者は除菌力のある食器用洗剤使用)
  • 雑巾

筆者のお掃除棒は、こちらを参考にしてみてください。

この除湿機はアルコール使用が駄目なので、今回のお掃除棒はアルコールの入っていないウエットテッシュで作っています。

掃除のやり方

STEP1:除湿機の取り扱い説明書を読む

除湿機の取り扱い説明書を読んで、お掃除の仕方、どの部分までお掃除をしていいのか、どの部分が外せるのか、また、外し方はどうすればいいのかなどを調べます。

STEP2:排水タンクを抜き出し本体中部分に掃除機をかける

掃除機で埃を吸います。

STEP3:本体中部分の隅を掃除する

隅の汚れはお掃除棒のブラシと先を使い掃除します。

STEP4:本体中部分を拭く

ウエットテッシュできれいに拭き乾かしておきます。乾きにくい部分なので先にお掃除します。

STEP5:フィルターの掃除をする

後ろに2箇所あるフィルターを外し、フィルターの埃を掃除機で吸い取ります。

STEP6:フィルターを取り外した本体を掃除をする

本体の埃を掃除機で吸い取ります。

STEP7:フィルターを取り外した本体をブラシで掃除をする

隅に残っている汚れはお掃除棒のブラシでかき出し、残りは先部分を使い拭きとります。

STEP8:フィルターを戻す

フィルターを本体に再び取り付けます。

STEP9:お掃除棒で排気口を拭く

お掃除棒で、排気口の羽や隅を拭きます。キレイになったら、フィルターを戻します。

筆者の除湿機の場合は、後ろ横に2箇所、フィルターがあり、カチッと爪で止まっていますのでつまみを引っ張ると簡単に外せます。

力を入れ過ぎると部品を傷めるので、丁寧に取り扱います。

STEP10:排水タンクを掃除する

排水タンクを外して、スポンジに洗剤を付け洗います(スポンジが無ければ雑巾でも可)隅はお掃除棒のブラシを使い洗います。

乾いた雑巾で水滴を拭き、乾かして置きます。

お掃除棒は濡らす前に、本体の汚れを取ります。お掃除棒を2本用意出来るなら先に排水タンクを洗って乾かしておくほうが時間短縮になります。

STEP11:ウエットテッシュで本体を拭く

ウエットテッシュで本体を拭きます。

除菌ウエットテッシュには電化製品には使えないものや、お掃除専用に作られたものなどいろいろありますので、お掃除をするものに合わせて選びましょう。この除湿機はアルコール使用不可です。

STEP12:乾燥させて完了!

送風運転をして、内部乾燥させます。

注意すること

どうしても「あの見えてる隅の汚れを取りたい」などと思い、無理な掃除をしがちですが、電化製品なので、勝手に分解したり奥まで無理に掃除棒を入れたりして掃除するのは危険です。

掃除方法は、除湿機によって違います。面倒がらず取り扱い説明書を読み、調べてから自己責任で掃除しましょう。

おわりに

きれいになった除湿機からはきれいな空気が排出されてる気がします。梅雨時期など大活躍してくれる除湿機です。

埃や汚れに気づいたときにサッと掃除すれば、汚れも溜まていなく、簡単にきれいになります。ちゃんと取り扱い方を守り、上手にお掃除して気持ちよく使いたいです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。