\ フォローしてね /

キャンプで役立つロープワーク!「一重つぎ」と「もやい結び」のやり方

キャンプで何かと重宝する、覚えておくと役立つロープワークについてご紹介したいと思います。

ロープワークの種類その1:一重つぎ

特徴

別名をシート・ベントと言い、2本のロープをつなぎたい場合に使う結びです。とてもシンプルで、結ぶのも解くのも簡単なのが特徴です。

使用する場所

立ち木と立ち木にロープを張ってタオルなどを吊るしたいとき、ロープの長さが1本だと足りないことがあります。そんな時に、この一重つぎをして立ち木に張るとちょうど良い長さにできて重宝します。

一重つぎの手順

STEP1:片方を下に潜らせる

ロープA(青)を二つ折りにし、その下を潜らせるようにロープB(白)を通します。

STEP2:もう一度潜らせる

今度は、ロープB(白)をロープA(青)の先端側に通して、もう一度ロープA(青)の下をくぐらせます。

STEP3:さらに通す

ロープB(白)の端を持ち、折り返しながらロープB自身の下をくぐらせ、ロープA(青)の上になるように通します。

STEP4:両手で持つ

そのまま左手でロープA(青)をまとめて持ち、右手でロープB(白)をまとめて持ちます。

STEP5:引っ張る

それぞれのロープの端と長い部分を両手で持ち、左右に強く引っ張れば完成です。

結び方のポイント

負荷(張力)がかかるほど強度が強くなる結び方なので、最後の工程でしっかり左右に引っ張っておくこと!

ロープワークの種類その2:もやい結び

特徴

別名をボーライン・ノットと言い、「結びの王様」と称されるほど信頼性が高くアウトドアで頻繁に使用されるロープワークです。ロープの端に輪を作る結び方です。一重つぎ同様、結ぶのも解くのも簡単で、応用範囲も幅広いです。

使用する場所

立ち木にハンモックをセッティングするときなど、大きな負荷がかかる場合のロープワークとして最適です。

もやい結びの手順

STEP1:ループを作る

ロープの先端が、交錯したロープの上側になるようにループを作ります。

STEP2:ループの中に通す

ループの中に、ロープの先端を通します。この時、ループの下側からロープの先端をそのまま上側に出します。

STEP3:ロープの下をくぐらせる

今度は、ロープの下をくぐらせます。ここで完成時のループの大きさが決まってくるので、必要に応じて右側にある大きなループの大きさを調節します。

STEP4:先端を小さなループに戻す

ロープを巻くようにしながら、先端を小さなループに戻します。

STEP5:先端を引く

ロープの先端を引きながら、小さなループを締めていけば、もやい結びの完成です。

結び方のポイント

完成図のロープの輪を大きくしたり、小さくしたりすることで、様々なロープワークに応用できるので、STEP3の工程でしっかり調節しましょう。

おわりに

一重つぎの方は、材質や太さの異なるロープでも結んでつなげられるので用途が広いです。もやい結びを立ち木にする場合は、布などで木を保護するようにするといいですよ。

(image by 足成)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。