\ フォローしてね /

鎌倉時代を知る!高校「日本史B」の鎌倉時代の変遷を学ぶ際のポイント

この記事では、高校「日本史B」の鎌倉幕府の成立から滅亡までについて解説します。

鎌倉幕府の成立

鎌倉幕府の発端となったのは、1180年に源頼朝が設置した侍所です。

なお、このころから源平の争乱が始まり、1183年に平氏が当時天皇であった安徳天皇とともに、三種の神器を持って都落ちすると、頼朝は後白河法皇から東国支配権を承認されます。

翌年1184年には公文所・問注所を設置します。

1185年に平氏が壇ノ浦の戦いで滅ぶと、頼朝は先の戦いで活躍した源義経と対立を深め、頼朝は義経追討を名目に守護・地頭を設置します。

その後、義経と義経をかくまっていた奥州藤原氏を滅亡させ、後白河法皇が死去した1192年に頼朝が征夷大将軍に就任し、名実ともに鎌倉幕府が成立するのです。

鎌倉幕府の機構の成立順序、頼朝の権力取得順序把握しましょう。

幕府の仕組み

支配機構としては、中央(鎌倉)では、

  • 和田義盛を別当とする侍所が御家人統制
  • 大江広元を別当とする公文所が一般政務
  • 三善康信を執事とする問注所が裁判

の3つに分かれて政治を行いした。なお、大江広元と三善康信は公家です。

一方、地方では、守護が任国の御家人を率いて、治安維持を務め、地頭が土地管理や年貢徴収を行います。幕府の財政基盤は将軍が持つ、関東御領と関東知行国で成り立っています。

建武の新政における支配機構、室町幕府、江戸幕府の支配機構と比較しておぼえましょう。

執権政治の展開

頼朝の死後

頼朝死去後、2代目頼家の独裁を抑えて合議制へと移行します。

この頃、北条時政は頼家の後見人である比企能員を滅ぼし、次いで頼家を幽閉して実朝を将軍にし、自身は政所(公文所)の別当となります。
これが執権の発端です。

その後、北条義時が和田義盛を滅ぼして、侍所を兼任し、執権の地位が確立します。

幕府の政治は頼朝死後は、合議制中心になっていきます。

承久の乱

この頃、実朝が頼家の子である公暁に暗殺され、源氏直系の将軍が途絶えると、京都から九条頼経を迎えて将軍に立てます。これを、幕府の弱体化ととらえた後鳥羽上皇は、義時追討の命令を発します。

しかし、北条政子の説得に御家人たちは平伏し、朝廷方の負けとなります。これが世に言う承久の乱です。

承久の乱の戦後処理

これを踏まえ、幕府は、京都に朝廷監視役として、北条泰時と時房を六波羅探題に命じました。同時に、西日本に新たに地頭を置くこととなりました。

執権が北条泰時に代わると、時房を執権の補佐として連署に、また有力御家人を評定衆に任命して、合議制を整備します。

また、泰時は裁判の基準を確立するために、頼朝以来の先例をまとめた御成敗式目を編纂します。この御成敗式目には、主に守護地頭の権限、所領相続方法(分割相続)、女子の財産の規定などが定められています。

御成敗式目は幕府勢力圏でのみ適用され(全国化)、公家法や本所法とは併存しています。

さらに、執権に北条時頼が就任すると引付衆を置き、さらなる裁判の迅速化をはかりました。

元寇と鎌倉幕府の衰退

元寇とその影響

13世紀頃、遊牧民族が建てたモンゴル帝国が西はトルコのあたりまで、東は中国といった広範囲を支配していました。フビライ・ハンが皇帝につくと、元を建国し、高麗を従えて、1268年に日本に服属を要求します。

当時執権であった北条時宗はこれを拒否し、2度の蒙古襲来へと進んでいくのです。

元寇は1274年の文永の役、1281年の弘安の役からなります。

文永の役

文永の役は高麗による抵抗(三別抄の乱)により、少し遅れますが、九州北部を襲撃すると、日本の1騎ずつ突撃してくる戦いに対して、集団戦法や最新武器である毒矢やてつはうで有利に戦いを進めていきます。

しかし、結果は暴風雨により、撤退となります。この襲撃を踏まえ、幕府も博多湾沿いに石塁を構築したり、異国警備番役を強化したりします。

異国警備番役は蒙古襲来前からあったことに注意しましょう。

弘安の役

元は1279年に南宋を滅ぼすと、再び襲撃してきました。しかし、またも暴風雨により、撤退します。

幕府は3度目の襲来を恐れて、北条氏一門を派遣し、鎮西探題を設置します。

元寇では、幕府は非御家人を戦いに動員できたため、非御家人をも幕府は支配下に置きました。また、外交安全面のために西日本の守護を北条氏が占めるようになり、幕府の支配力は拡大していきます。

幕府の衰退

先ほど幕府の支配力が拡大したと述べましたが、この頃には幕府の要職を北条氏(得宗)とその家臣(御内人)が独占しており、実質的には北条氏の権力拡大というのが妥当なところです。

その一方で御家人は疲弊、貧窮し、不満を募らせます。その主な原因は

  • 分割相続による所領の細分化
  • 貨幣経済の発達による出費増大
  • 元寇の出費・恩賞不足(勝ち得た土地がないため)

にあります。

貧窮対策として、執権の北条貞時は永仁の徳政令を発しますが、効果は限定的で、いっそう御家人は不満を募らせるようになります。

徳政令は御家人に対してのみ適用されました。

鎌倉幕府の滅亡

朝廷と幕府の地位が逆転

鎌倉末期の頃、天皇家は大覚寺統と持明院統の二手に分かれ、皇位継承を争っていました。この仲介を幕府が行い、両統迭立の案を示しましたが、朝廷の対立はやみませんでした。

このことは、承久の乱以降幕府が朝廷に対して持っていた優位性を失ったことを意味します。

後醍醐天皇の即位と鎌倉幕府の滅亡

大覚寺統から後醍醐天皇が即位すると、院政を排して天皇親政を敷きます。時の執権 、北条高時の失政に対し、御家人の反発が高まる中、後醍醐天皇は倒幕を計画します。

しかし、2度計画して、ともに幕府にばれて、隠岐に流されてしまいます。

それに応じて、護良親王や悪党の楠木正成が挙兵し、幕府方であった足利高氏も反旗を翻し、京都の六波羅探題を攻略します。そして、新田義貞が鎌倉を攻略すると、1333年に幕府は滅亡します。

その後、京都に戻った後醍醐天皇の下、建武の新政が行われていきます。

鎌倉文化

鎌倉新仏教

それまでの仏教は厳しい修行をともなうものであって、武士や庶民にはむいていませんでした。そのような人でも簡単に信仰が行えるのが、鎌倉新仏教なのです。

鎌倉新仏教は主に2つに分けられます。旧仏教から派生した浄土宗、浄土真宗、日蓮宗と、中国から伝来した曹洞宗、臨済宗の2つです。

それぞれ、開祖と特色を覚えましょう。

  • 浄土宗…法然 専修念仏(ひたすら南無阿弥陀仏を唱える)
  • 浄土真宗…親鸞 悪人正機説(悪人こそ南無阿弥陀仏を唱えて救われるべき)
  • 日蓮宗…日蓮 題目唱和(ひたすら南無妙法蓮華経を唱える)
  • 曹洞宗…道元 只管打座(ひたすら座禅)
  • 臨済宗…栄西 座禅しつつ、公案を解決して悟る
臨済宗のみ幕府の保護を受けていたことも、覚えておくといいでしょう。

仏教美術

平氏の焼き討ちで焼失した東大寺・興福寺が再建されました。東大寺南大門や南大門金剛力士像が運慶・快慶により、再建とともに建てられました。

また、一遍上人絵伝では、当時の民衆や武士の生活を読み取ることができます。

終わりに

いかがでしたか?この記事でお役にたてればと思います。

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。