1. 趣味
    2. 手作りでカワイイ!消しゴム版画で干支の子を作る方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    手作りでカワイイ!消しゴム版画で干支の子を作る方法

    年賀状に手作りスタンプを押してみませんか?

    消しゴム版画で、干支の子(ねずみ)を上手に作る方法をご紹介します。

    用意するもの

    • 消しゴム
    • 鉛筆
    • 写し紙(トレーシングペーパー)
    • ハサミ
    • カッター
    • カッターマット
    • 彫刻刀(丸刀)
    • 練り消し
    • インク
    消しゴムはんこ用の消しゴム板を作るとより簡単に彫れます。

    消しゴム版画の作り方

    STEP1:図案を描く

    図案を考えて、写し紙に鉛筆で図案を描きます。

    濃く、はっきり描くと消しゴムによく写って彫りやすくなります。

    STEP2:消しゴムに図案を写す

    写し紙に描いた図案を裏返しにして、消しゴム板の上に置き、爪でこすって図案を転写します。

    消しゴムに濃く、はっきり写すことがポイントです。

    STEP3:消しゴムを切る

    図案の大きさに合わせてカッターで消しゴムを切り出します。

    STEP4:図柄を彫る

    まず残す部分の外枠を切っていきます。

    黒い線の部分を残すように、線の外側に沿ってカッターを入れます。そしてその1mm外側にもカッターを入れていきます。

    カッターを入れるときは、切り口がVの字の「谷」になるように入れることがポイントです。

    上は切り口の断面の写真です。このように切り口がVの字の谷になるようします。

    目や耳などの細かい部分は、カッターを浅くいれ、ゆっくり彫りましょう。

    STEP5:不要な背景部分を彫り込む

    残す部分の外枠をカッターで切ったら、不要な背景部分を彫り込みます。

    背景は丸刀を使って大きく彫ります。

    背景と残す部分の堺は、カッターを横に運び、切り落とすように削ります。

    STEP6:練り消しで削りカスをとる

    練り消しを押し付け、ハンコに残った細かい削りカスをとります。

    STEP7:インクをつける

    インクパットに消しゴムを軽く押し付け、インクを全体につけます。

    STEP8:完成!

    紙にスタンプします。消しゴムは、背の部分全体に力をいれて、しっかり押します。

    出来上がりです。

    上手に作るポイント

    図柄を切るとき、残す部分(インクがつく部分)の断面が台形になるように彫ると丈夫なハンコになります。

    おわりに

    消しゴム版画を作るには用具がいくつか必要になります。初めてやるときは必要な道具がすべてセットになっているものを購入すると、スムーズに始められると思います。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人