\ フォローしてね /

室内でも楽しめる!折り紙ミニ凧の作り方

外で揚げる凧揚げは天候に左右されますが、室内でなら雨でも風がなくても、さらに電線に引っ掛けることも気にせずに楽しむことができます。

ここでは簡単に作れて、子供が楽しめる屋外・室内兼用のミニ凧の作り方を紹介します。

用意するもの

  • 折り紙…15cm角1枚(またはA4プリンター紙を正方形にカットして使います。)
  • はさみ
  • リボン…幅7mmくらいを30cm長さ1本
  • テープ
  • 針と糸(糸は木綿糸またはミシン糸)…糸の長さは50cm程度
  • マーカーまたはペン
  • 割り箸または1.8mmのたけひご…30cmから40cmくらい1本
折り紙がない場合はA4のコピー用紙を正方形にカットしたものでもOKです。

作り方

ここでは、シンプルなスティングレイ型の折り紙ミニ凧を紹介します。

STEP1:対角線に折れ筋を付ける

色面を下にして、対角線に谷折しておれ筋を付けます。

STEP2:中心線の1/3に印とテープを貼る

付けた折れ筋の中心線を縦方向にして、長さ1/3の所にマークを付け補強にテープを裏表に付けます。

STEP3:糸を通す

表側から糸を針で通します。糸の一端は玉止めにして置きます。

針の扱いに注意しましょう。

STEP4:マーカーで絵を描く

マーカーでお好みの絵を描きます。この凧はスティングレイなので目をマーカーで描きました。

STEP5:尾を付ける

内側を上にして、尾を凧の下部分(1.5cmくらい内側)にテープでとめます。

STEP6:棒に糸を結びつける

棒の先端から2cmの所に、凧に通した糸のもう一端を5-6回巻き付けてから、しっかりかた結びします。

STEP7:完成

これでスティングレイの折り紙ミニ凧が完成です。

遊び方と注意点

棒を持って振り回したり、走ったりするとミニ凧が揚がります。天気が良く風が強過ぎなければ外でも、雨や強風のときは屋内でも楽しめます。棒を持って走ると良い運動になります。

家の中で遊ぶ場合は人や物にぶつからないように十分注意しましょう。3歳くらいの小さいお子様には、糸を50cmから半分くらいに短くした方が安心です。

おわりに

ここでは屋外・室内兼用の折り紙ミニ凧の作り方を紹介しました。色んな色の折り紙でお好みの形の凧を作って見てください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。