1. 趣味
    2. 汚れたままで放置しない!シュラフをメンテナンスする時のポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    汚れたままで放置しない!シュラフをメンテナンスする時のポイント

    寝袋はキャンプの必須アイテムのひとつです。使用後はきちんと手入れしておくと長持ちし、次に使う時に気持ちよく使えます。

    ここでは寝袋のメンテナンス方法を紹介します。

    使用前の保管方法

    付属の収納袋は小さめな物が多く、長い間圧縮することで中綿のへたりが早まり保温性が悪くなると言われます。また完全に密閉しておくよりも時々空気を入れ替える方が湿気やカビやニオイ対策にも良いそうです。

    付属の収納袋に入れず、クッションカバーに畳んで入れて、ソファでクッションとして使います。縦に2つ横に4つ折りするとちょうどカバーに入ります。こうする事で使いたい時に探さずに済みます。

    使用後の汚れの落とし方と洗い方

    1:ブラッシングする

    外で寝袋を広げ振りさばいて汚れを落とし、くっ付いている汚れは服用のブラシを使ってブラッシングします。

    2:濡らした布で拭き落とす

    食べ物の汚れは古い布をぬるま湯で濡らして硬く絞ってから汚れ部分を叩くようにして綺麗にします。

    3:化学繊維なら家庭で洗濯する

    ポリエステル等の化繊の場合は、洗濯表示をチェックして家庭で洗濯機で水洗い可なら、中性洗剤を使用して優しめの水流で洗い、柔軟剤を使って仕上げるとふっくらします。脱水は出来るだけ短時間にしましょう。

    ダウンはクリーニング店で相談して下さい。

    4:風通しの良い場所で陰干しする

    脱水後取り出したら風通しの良い日陰で、裏返してファスナーを開け広げて干します。椅子を2つ置いてその上に掛けて干すと良いです。

    直射日光に長時間当てると生地が傷むそうです。

    5:オリーブオイルでジッパーを手入れする

    洗濯して乾かしたら、ジッパーの滑りが悪くならないように化粧用のコットンにオリーブオイルを数滴垂らしてジッパーに軽くつけます。

    6:補修する

    縫い目がほつれている場合は木綿糸で手縫いで直しておきます。大きめに穴が有る場合はアップリケを縫い付けるかナイロンリペアテープを貼り付けると簡単です。筆者の寝袋は1度も切れたことがありません。

    おわりに

    キャンプから帰宅したら道具の手入れと片付けもキャンプのひとつと考えて、汚れたまま放置せずにきちんと手入れをしましょう。

    忙しければ、寝袋全体を外で振りさばいて汚れを落とし、日陰干しするだけでも効果があります。

    ここでは寝袋のメンテナンス方法を紹介しました。きちんと手入れする事で長く使う事が出来ます。参考にしてみて下さい。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人