1. 趣味
    2. デカ盛りと言えばここ!ラーメン二郎のおすすめポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    デカ盛りと言えばここ!ラーメン二郎のおすすめポイント

    ラーメン好きの方ならご存知の方も多いと思いますが、「ラーメン二郎」をご紹介します。

    著者がよく通うのは横浜市の外れにある中山駅前店さんです。

    立地・アクセスなど

    著者は家から近いということもあり、もっぱら車で通っています。

    店舗は大通りからちょっと脇道に入ったところにあり、お店の駐車場はありません。お店のすぐ近くに1時間300円の駐車場があるので、そちらを利用するのがお勧めです。

    近隣のお店や住宅に迷惑がかかるので路上駐車はやめましょう。

    最寄り駅はJR横浜線の中山駅。駅から歩いても5分程なので立地的には良い場所です。

    メニュー一覧

    選べるメニューは以下のとおりです。
    豚入りは一般的にいうチャーシューが入ります。

    • ¥650:小ラーメン
    • ¥750:小ラーメン・豚入り
    • ¥850:小ラーメン・豚入りダブル
    • ¥750:大ラーメン
    • ¥850:大ラーメン・豚入り
    • ¥950:大ラーメン・豚入りダブル
    豚入りでチャーシュー5枚、ダブルで8枚入っています。通常は2枚入っています。

    ラーメンの量の表記にご注意!

    初めての方は小ラーメンから…

    小ラーメンって女性向けのちょっと食べるラーメンでしょ?いえいえ、とんでもない!小と言っても、普通のラーメン店の倍近い麺の量です。一説によると小で300g、大で450g(店舗によっても異なる)とか。

    写真は筆者が頼んだ小ラーメン豚入りです。ドンブリが重ねられるのは、盛り付けが多くてスープが決壊してしまいそうな時に机への汁漏れを防ぐためです。

    店員さんが大の食券を購入する一見さんのお客さんなどに小へ変更をお勧めする場面もよくあります。

    トッピング

    客の好みに柔軟に対応するトッピング

    写真は「ニンニク、野菜マシマシ、カラメ、アブラ」で注文。二郎に初めて行くと、真っ先に困るのがこの呪文のようなトッピングのオーダー。

    これは、席について店員さんが「ニンニク入れますか?」と聞かれた際に頼むトッピングで、全て無料です。

    • ニンニク:ニンニクの有無
    • 野菜マシ、野菜マシマシ:野菜の量
    • カラメ:野菜にカエシ(スープに入れる醤油)をかける
    • アブラ:背アブラの塊を盛る

    種類は上記のものがあります。一般的にマシやマシマシは野菜によく使われますが、ニンニクやアブラに使う場合もあります。(店舗によっても異なる)

    掲載している写真は野菜マシマシですが、このマシやマシマシはかなりアバウトな部分があります。店員さんが違ったり、同じ店員さんでも日によって異なったりと基準が曖昧です。写真の時は野菜マシマシの中でも多めだと感じました。

    麺と脂も好みに合わせて

    更に食券を購入して待っている間に、

    • 麺の固さ:カタメ、やわらかめ
    • 麺の量:少なめ、半分 など
    • 脂:少なめ、抜き

    などを事前にお願いすることも出来ます。

    食べた感想

    じっくり煮込んだ豚骨の出汁とビシっとしまった醤油が絡んで、ハマる人は
    本当にハマります。とにかく、量が多いので、食べ終わった後は妙な達成感が得られます。

    そして、もう2度と来ない…と思うタイプと、その場で辛い思いをしても、また体が欲してしまい気付くとファンになっているタイプに二極化されます。

    筆者は完全に後者で、二郎にハマると他店のラーメンでは物足りなく感じてしまいます。

    おわりに

    二郎を始めてみたい方には中山駅前店さんは本当にお勧めです。

    麺の固さや量のきめ細かい対応もしてくれますし、店員さんの接客も丁寧です。更にお店も綺麗でフィギュアがたくさん飾ってあって、ギャップも楽しいですよ!

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人