\ フォローしてね /

命を預けるものだから!自転車のチェーンのメンテナンス方法

自転車を漕いでいてなんか重くなったと感じたら、チェーンが汚れたり錆びたりしています。簡単なメンテナンスで漕ぎやすさがよみがえるので、定期的に汚れを落としましょう。

初歩的な乗り方から最新型デザインまで!自転車を愛する人はこちらもチェック!
自転車に関するハウツー記事まとめ

著者の自転車

2007年に購入した、GIANT ESCAPE R3 SEという機体です。

メンテナンスの目的

雨などでチェーンが濡れると、オイルが流れて錆びてしまいます。晴れの日でもチェーンは土埃や砂で汚れているものです。

放っておくとギシギシ言って漕ぎにくくなり、チェーンも傷むので、汚れと錆を落とします。

あると便利なもの

  • 錆落とし(CRC5-56)…家中のいろいろなメンテナンスに使えます
  • 自転車用チェーンオイル…仕上げに注します
  • 古歯ブラシ…汚れ落とし用とオイル注し用2本使用します
  • 台所用洗剤
  • 水を入れる入れ物…汚れるので使い捨てできるものが便利です
  • 古布

あると便利なもの

  • キッチンペーパー(不織布タイプ)
  • ゴム手袋…手が汚れるのを防ぎます
  • 古新聞…床が汚れるのを防ぎます
キッチンペーパーは古布代わりに使い、不織布タイプだと丈夫で紙くずも出にくく便利です。

チェーンメンテナンスの方法

STEP1:チェーンの錆を落とす

チェーンに錆落としをスプレーし、歯ブラシでこすります。

汚れと錆が浮いてきます。チェーン2周くらいするといいでしょう。

STEP2:スプロケットとホイールの汚れを落とす

スプロケットとホイールも同じようにして、汚れと錆を落とします。

STEP3:洗剤液で洗う

容器に水と台所洗剤を数適入れて混ぜ、洗剤液を作ります。洗剤液を歯ブラシに付け、チェーン、スプロケット、ホイールをこすって洗います。

STEP4:汚れを拭き取る

洗った部分の汚れを一旦拭き取ります。チェーンは下から古布やペーパーを軽く当て、ペダルを回してチェーンを移動させながら拭き取ります。

STEP5:水をかけて乾かす

水をかけて洗剤液も洗い流し、しばらく置いて自然乾燥させます。

STEP6:オイルを注す

チェーンオイルをチェーンとスプロケットに所々に注して、歯ブラシで馴染ませます。古布やペーパーを当てて全体に馴染ませつつ、余分な油を拭き取ります。自転車全体の汚れを拭き取って終了です。

注意点

錆落としだけでもオイルの代わりになりますが、チェーンは錆落としだけだと傷みやすいらしいので、著者は専用のオイルを使用しています。

おわりに

大切な自転車はきちんとメンテナンスすることで長持ちします。命を預けるものなので、面倒がらずに定期的にメンテナンスしましょう。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。