\ フォローしてね /

子供に人気!人参の花切りのやり方

簡単な人参の花切り方法をご紹介します。

用意する物

  • 人参
  • 包丁
  • まな板

花切りのやり方

STEP1:人参の下ごしらえ

人参を洗い、皮をむきます。人参の太い部分を使います。

包丁を人参の太さに添ってバランスよく入れる事が出来れば、まるまる1本で、大小のお花を作る事が出来ますが、今回は解りやすい様に太い部分のみ使います。

STEP2:人参を五角形に切る

切った太い部分を立てて、人参の丸の中一杯に五角形が出来るように切ります。

五角形をイメージして、最初一辺を切り、100度位の角で(ややこしいので直角よりちょっと広い角)次の辺を決め、辺が最初の辺と同じような長さになる様に注意して切ります。

お花ですので、大体五角形になればOKです。

STEP3:切込みを入れる

五角形の辺の真ん中にまっすぐに切り込みを入れます。

人参の大きさによりますが、これが花びらの付け根になって、これで花びらの大きさが決まります。画像の場合8mmでした。人参を回しながら5箇所に入れます。

人参が滑ったり、ころんと動いたりする場合があります。手を切らないように、包丁の取り扱いに気をつけて下さい。

まっすぐに入れた切込みの深い所が頂点になるように対して、斜めに包丁を入れます。まっすぐな線の切り込みを真ん中に両側から包丁を入れる感じでV字の溝が出来るように切りましょう。

人参を立てると、こんな感じです。

STEP4:花びらを整える

花びらの先部分を削り、丸みを出します。

丸びを帯びた花びらができました。

STEP6:お花に切り分ける

人参を横に倒し、好きな幅に切ります。お鍋の飾りなら7mm位と薄く、カレーに入れる時は煮崩れしますので2cm位と厚めに切ります。

STEP7:出来上がり

これで人参の花切りは完成です。

おまけ

人参の先の部分、五角形の際切り落とした部分、切り込みの際出た部分は、チンジャオロース等、細切り人参を使う料理に使用すると無駄なく使えます。

おわりに

娘が小さい頃、人参をお花の形に切ると「かわいい~」と喜んで食べました。大人でも、カレーなどに入れると乱切りの人参より評判がいいです。

見た目は難しそうに見えますが慣れれば簡単です。切っても切ってもお花で、金太郎飴のようで料理をするのも楽しくなりますよ。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。