1. 料理
    2. コーヒー好き必見!サイフォン式コーヒーの淹れ方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    コーヒー好き必見!サイフォン式コーヒーの淹れ方

    このライフレシピのもくじたたむ

    我が家のサイフォン式コーヒーの淹れ方をご紹介します。

    用意するもの

    • コーヒー豆・・・1人分に付き、計量スプーン1杯(10g)
    • コーヒーサイフォン(ロート、下ボール、スタンド)
    • ろ過器
    • アルコールランプ
    • 燃料用アルコール(ドラッグストアで購入可)
    • マッチ
    • 竹ヘラ
    • コーヒーミル
    • 計量スプーン
    • 水・・・1人分につき180ml(出来上がりは160mlですが豆に吸収される分含む)
    • カップに入れておいてカップを温める分・・・適量
    • コーヒーカップ
    • 砂糖、ミルク・・・お好みの量

    サイフォン式コーヒーの淹れ方

    STEP1:コーヒー豆を挽く

    計量スプーンでコーヒー豆を量ります。筆者宅はスプーンすり切り1杯が1人分と計算します。

    コーヒーミルに入れて、心を込めてゆっくりとハンドルを回して挽きます。

    筆者宅ではいつも2人分淹れますので、2杯分挽きます。

    豆の種類により、味が異なります。ご自身の好きな味の豆、分量を探し、スプーンでこの位(豆の状態で)と決めておけば便利です。

    STEP2:お湯を沸かす

    やかんで、「人数分+カップを温める分」のお湯を沸かします。沸いたらお湯をコーヒーカップに移しカップを温めておきます。

    淹れたての熱いコーヒーを、冷めたカップにそそぐと、コーヒーの温度が下がり美味しさが半減します。あらかじめカップを温めておくと、美味しさを残したまま飲むことができます。

    カップを温めるお湯は、下ボールに水を入れアルコールランプで沸かしてもOKです。

    アルコールの瓶は、火の傍に置かないでください。

    STEP3:下ボールの真下にアルコールランプを置き火を付ける

    下ボールに人数分のお湯を入れ、下ボールの真下にアルコールランプを置き火を付けます。

    筆者宅の下ボールには目盛りが付いています。

    STEP4:ロートにろ過器を付ける

    ロートにろ過器を付けます。ろ過器をロートに入れて鎖を引っ張るとバネが伸びてきますので、フックをロートの先に掛け固定します。

    引っ掛ける先はガラスですので、取り扱いに注意しましょう。

    STEP5:ロートに挽いたコーヒー豆を入れて下ボールに付ける

    下ボールのお湯が沸騰したら、アルコールランプを外し、下ボールに、挽いたコーヒー豆の入ったロートをセットして、再度アルコールランプを戻し加熱します。

    火やお湯を扱いますので、十分注意してください。

    STEP6:水が沸騰してロートに上がってくるのを待つ

    水が沸騰して、ロートに上がってくるのを待ちます。

    STEP7:竹ヘラでかき混ぜた後放置する

    水が沸騰して、ロート内にお湯が上がってきたら、1~8まで数えながら竹ヘラでかき混ぜます。その後約45秒間放置します。

    竹ヘラでロート内をかき混ぜる回数と、火を消すタイミングで味が変わります。
    好みも人によって違います。ですので何回か試して気に入った味を見つけましょう。1度決まれば、毎回同じ方法で淹れましょう。

    STEP8:火を消してコーヒーが下に落ちきるのを待つ

    アルコールランプの火を消すと、コーヒーが自然に下に落ちてきますので、すべて落ちてくるまで待ちます。すべて落ちきったらロートを外しましょう。

    STEP9:カップのお湯を捨ててコーヒーを注ぐ

    コーヒーカップに入れておいたお湯を捨て、コーヒーを注ぎます。

    STEP10:お好みで砂糖やミルクを入れて完成!

    筆者はブラックで飲みますが、お好みで砂糖やミルクを入れて出来上がりです。

    こだわりポイント

    コーヒー豆は挽きたての方が味も香りも良いので、いつも豆で購入し、飲む直前にコーヒーミルで挽きます。

    すでに挽いてある粉のものを買うと自分で豆を挽く手間がなく便利ですが、1袋を飲みきるまでに湿気りやすく、色も濃くなり酸化して、残りの方になると香りも薄くなる気がします。

    注意点

    ガラス製品なので、使用前に、欠けている部分やヒビがないか確認し、取り扱いに注意します。下ボールを温める際、外部に水気が付いていないか確認します。火の扱いに注意します。

    味に関して言えば、ロート内をかき混ぜる回数が多かったり、火を消すタイミングが遅かったりすると味が濃くなったり苦くなったりする気がします。

    休日のリラックスタイムに楽しんで

    自己流の入れ方なので、参考程度にご覧くださいね。

    コーヒーサイフォンでコーヒーを淹れる作業は、見るのも楽しいです。お部屋も良い香りに包まれてほっと癒やされます。ぜひ、お試し下さい。

    おいしいコーヒーを飲みたいなら、他のnanapiレシピもチェック!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人