\ フォローしてね /

バター不使用!素朴なパンプキンパイの作り方

今回は子供のおやつにぴったりな、バターを使わないパンプキンパイを紹介したいと思います。バターなしでも、全粒粉をプラスすることでサクサクのパイ生地になります。パイ生地には塩味を少し効かせました。

ちょっとおなかの空いたときに、パクパクと食べられて、満足感のあるおやつです。

必要なもの

材料(パンプキンパイ4個分)

  • カボチャ…1/4個(250g)
  • 薄力粉…100g
  • 全粒粉…25g
  • 砂糖…大さじ1/2(パイ生地用)
  • 砂糖…大さじ2~3(カボチャ餡用)
  • 塩…小さじ1
  • サラダ油…50ml
  • 牛乳…大さじ2~3
  • 水…15ml

道具

  • ボウル
  • めん棒
  • 木べら、マッシャーなど、ゆでたかぼちゃを潰せるもの
  • クッキングペーパー
  • サランラップ
  • オーブン

作り方(調理時間40分・生地を寝かせる時間は除く)

STEP1:粉類を混ぜる

ボウルに薄力粉、全粒粉、砂糖(パイ生地用)、塩を入れ、手でさっと混ぜ合わせます。

STEP2:サラダ油を混ぜる

STEP1のボウルにサラダ油を加え、手でこすりあわせるようにして、粉となじませます。

STEP3:生地をまとめ、休ませる

STEP2に水を少しずつ加え、手でぎゅっと押すようにして、ひとつにまとめます。

生地をまとめたら、ラップをして冷蔵庫で1時間休ませます。

STEP4:カボチャを煮る

カボチャを5cm四方くらいに切り、皮を切り落とします。鍋にカボチャを入れ、カボチャが浸かるくらいの水を加えて、やわらかくなるまで10分くらい煮ます。

STEP5:カボチャ餡を作る

カボチャがやわらかく煮えたら、湯を捨て、木べらやマッシャーなどで、粗くつぶします。砂糖大さじ2~3を加えて混ぜます。甘さは、お好みで調節して下さい。

パイ生地が素朴な味なので、カボチャは甘めにした方が美味しいです。牛乳を少しずつ加え、食べやすい柔らかさにします。

STEP6:生地をのばす

冷蔵庫から寝かせておいた生地を取り出し、包丁で4等分にします。

ここで、オーブンを180度に予熱しておきます。

ラップを敷いたまな板の上で、打ち粉をしためん棒で長方形に生地を延ばします。厚さは1mm位です。

STEP7:カボチャを包む

延ばした生地にカボチャを載せ、生地を半分に折って包みます。

包んだら、包丁で余分な生地を切り落とし、長方形に形を整えます。周りをフォークの背で押すようにして閉じます。

包丁で縦に3つ、切れ込みを入れます。この切れ込みは見栄えを良くする為のものですので、省いてもOKです。

STEP8:焼く

天板に並べ、180度のオーブンで20分焼きます。余った生地があれば、丸くして一緒に焼くと、ビスケットのような感じになります。

STEP9:出来上がり

四方の生地がちょっと焦げてしまいましたが完成です。焦げそうなときは、上にアルミホイルをかぶせてから焼いて下さい。

おわりに

今回は少し焦げてしまいましたが、素朴な味で美味しいパイです。熱々のパイももちろん美味しいのですが、冷めても美味しいので、暑い季節には冷蔵庫で冷やしておいても楽しめます。

バターを使わず、簡単にできるパイ生地とカボチャそのままの味のカボチャ餡です。ヘルシーなオヤツが食べたい時にぜひ作ってみてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。