\ フォローしてね /

好みの味にアレンジできる!自家製ライスペーパーソーセージの作り方

鶏ムネ肉のミンチを使った、お財布に優しくヘルシーなソーセージの作り方をご紹介します。羊腸の代わりにライスペーパーでタネを包んで焼くので、自家製の腸詰めレシピよりも手軽に作れますよ。多めに作っておいて、焼く前のものを冷凍することも可能です。冷凍してもライスペーパーの食感は変わらず、常温解凍して焼くだけでいつでも美味しく食べられます。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
  • 自家製本格ソーセージ

    ライスペーパーを使うとプリプリのソーセージが作れる

  • 味はアレンジ自在

    チーズや梅、大葉などを混ぜるだけで好みの味に

  • しっとりジューシー

    ムネ肉を使うのにオリーブ油を混ぜるからしっとりジューシー

材料(5本分)

  • ひき肉(鶏ムネ肉)…350g
  • オリーブオイル(なければサラダ油)…大さじ1
  • ローズマリー…小さじ1
  • コリアンダーシード…小さじ1/4
  • ナツメグ…小さじ1/4
  • オールスパイス…小さじ1/4
  • にんにく(すりおろし)…小さじ1/4
  • 塩…小さじ1
  • ライスペーパー…5枚
牛豚ひき肉でもいい?1
ひき肉は牛豚ひき肉だけでなく、鶏ムネ肉に豚肉を混ぜても、豚肉だけでも作れます。ただ、豚肉のように脂肪分が多くなるほど脂が流れ出て、焼いているときに油はねしやすく、皮が破れやすくなってしまいます。
オリーブオイルがないときは?2
サラダ油でも大丈夫です。鶏ムネ肉などの脂肪分が少ないひき肉はパサつきやすいので、少し油を混ぜることでしっとりと仕上がります。
スパイスはなんでもOK!3
スパイスはなんでもOKです。他にもホットチリソースで辛くしてビールに合わせたり、梅しそチーズで和風のおかずにしたり、ハーブやレモン汁をたっぷり入れたり、いろいろ混ぜて自分の味を作れます。

作り方(調理時間:40分)

1材料を混ぜる

ライスペーパー以外の材料をボウルに入れて、粘り気が出るまでよく混ぜます。

よく混ぜるのが大事
ひき肉をよく混ぜることで肉同士がしっかり結びつき、肉汁が中に閉じ込められます。しっかり混ぜましょう。

25等分する

しっかり混ぜたらタネを5等分にします。

ライスペーパーの大きさに合わせて調節して
ライスペーパーはメーカーによって大きさが異なるため、5等分だと多い場合があります。タネをパンパンに詰め込むとキレイに巻けなくなるので、6等分にするなど調整してください。

3ライスペーパーを水で濡らす

ライスペーパーを水でサッと濡らし、余分な水をキッチンペーパーや布巾などでふき取ります。

1本ずつ巻いていく
ライスペーパーは1枚ずつ水で濡らし、そのつどタネを巻き、1本ずつ仕上げます。
ライスペーパーは濡らしすぎない4
ライスペーパーは2~3秒濡らすだけで、水に長く浸す必要はありません。ライスペーパーが少し硬めのほうがキレイに巻けて、パリッと焼けます。このとき水に油を小さじ1くらい入れると、さらにくっつきにくくなります。
やってみた人からの声ライスペーパーは、びしょ濡れで焼こうとすると油がはねて危険なので、濡らしすぎないほうがいいよ。
やってみた人からの声タネを巻いたあと、焼く前に1~2時間くらい冷蔵庫に入れて表面を乾かしたら、油はねもしないしパリッと焼けました!

4ライスペーパーでタネを包む

まな板の上にライスペーパーを広げ、火が通りやすいように細長く成形したタネを置きます。

ライスペーパーをくっつけないように注意5
ライスペーパーは、乾いたものの上に置くと、すぐにくっついてしまいます。まな板にもくっつきやすいので、ここからは時間をかけずに手早く作業しましょう。

手前からライスペーパーが破れない程度にきつく巻いていきます。

巻くときはなるべく空気を入れない6
空気が入ると破裂しやすくなるので、できるだけ空気が入らないように密着させながらぴっちり巻きましょう。

巻いたソーセージは、クッキングシートの上に間隔をあけて並べるか、油をひいたフライパンの上に直接並べていきましょう。

5フライパンで焼く

冷たい状態のフライパンに油(分量外)をひき、ソーセージ同士がくっつかないように間隔をあけて並べます。

やってみた人からの声油をひいたフライパンの上でソーセージを転がして、表面全体に油をつけて焼くと隣とくっつかないよ。
フッ素加工でないフライパンは油を多めにひく7
フッ素加工ではないフライパンだと、皮がくっついて破れやすいので油を多めに(大さじ1~2くらい)ひいてください。

弱火~中火で10分ほど焼きます。全体に焼き色がついてライスペーパーがパリッとするまで焼くのがポイントです。

やってみた人からの声トングを使うとひっくり返すのに便利ですよ。

6完成!

お皿に盛り付けて完成です。

いろいろな場面におすすめ

スパイスの味や香りがしっかりあるので、このままでも十分おいしいです。また、お好みでケチャップやマスタードをつけてもよく合います。

お酒のおつまみ、ごはんのおかず、お弁当にといろんなシーンで作ってみてください。

みんなの感想

Twitter「モーメント」機能で、このレシピをつくってみた人たちの感想や参考になる情報をまとめました。

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

追記した箇所一覧

  • 12018年04月20日「ひき肉の種類」について追記しました。
  • 22018年04月20日「油の種類」について追記しました。
  • 32018年04月20日「スパイス」について追記しました。
  • 42018年04月20日「ライスペーパーの濡らし方」について追記しました。
  • 52018年04月20日「ライスペーパーの扱い方」について追記しました。
  • 62018年04月20日「ライスペーパーの巻き方」について追記しました。
  • 72018年04月20日「フッ素加工ではないフライパンの場合」について追記しました。
このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。