1. 暮らし
    2. 半年以上日持ちする!かんぴょうの保存方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    半年以上日持ちする!かんぴょうの保存方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    かんぴょうは、カルシウム・カリウム・リン・鉄分等が多く含まれています。また、食物繊維も豊富なので、便秘がちな方や、妊産婦の方、お年寄りの方に良い食品だそうです。

    常備食としても食べて頂きたいかんぴょうの、日持ちする保存法を紹介させていただきます。

    用意する物

    • かんぴょう…適量
    • ハンガー
    • ビニール袋
    • 輪ゴム

    手順

    STEP1:日陰干しをする

    かんぴょうをハンガーにかけ、風通しの良い日陰につるし、3日間、日陰干しをします。

    夜は、室内に入れてください。

    3日間干すと、このような状態になります。

    かんぴょうは、1度干した商品ですが、再度干すことにより、長期保存が出来る食材です。

    STEP2:袋に入れる

    袋に入れます。

    STEP3:袋のなかの空気を抜く

    空気を抜く感じで、丸めます。

    きっちりと、巻き込みます。

    STEP4:袋を輪ゴムで止める

    輪ゴムできっちりとめ、冷蔵庫に入れて保存します。半年以上日持ちします。

    庫内の温度や、保存状態により、カビ等が出た場合は、半年以内であっても、処分してください。

    おわりに

    かんぴょうは、色々なお料理に適しています。柔らかくゆでたものを、冷凍保存しておいても、すぐに使えて便利です。サラダや酢物、汁物、煮物などにもご利用くださいね。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人