\ フォローしてね /

やればすぐに暗記できる!再読文字の学び方

再読文字は暗記しなくては解読できないので、躓いてしまう人も多いですよね。暗記ができない、暗記しなければと思っている方必見!この記事でマスターしましょう!

再読文字とは

再読文字とは漢文の中にある語句のことで、二度読む文字のことです。

再読文字の種類・用法

将・且

  • 読み→まさニ~セントす
  • 意味→これから~しようとする
「将君送」:まさに君を送らんとす(これから君を送ろうとする)

応・当

  • 読み→まさニ~ベシ
  • 意味→当(当然~すべきだ)、応(きっと~だろう)
「当惜寸陰」:まさに寸陰を惜しむべし(当然わずかな時間でも惜しむべきだ)

  • 読み→すべかラク~ベシ
  • 意味→必ず~しなければいけない
「須勉強」:すべからく勉強すべし(必ず勉強しなければいけない)

  • 読み→いまダ~ず
  • 意味→まだ~ない
「未聞也」:いまだ聞かざるなり(まだ聞いたことがない)

  • 読み→よろシク~ベシ
  • 意味→~するのが良い
「宜勉強」:よろしく勉強すべし(勉強するのが良い)

猶・由

  • 読み→なホ~ガごとシ
  • 意味→ちょうど~とおなじことだ
「過猶不及」:過ぎたるはなほ及ばざるがごとし(行き過ぎは、ちょうど足りないのと同じである)

  • 読み→なんゾ~ざル
  • 意味→どうして~しないのか
「盍各言爾志」:なんぞ各爾(なんじ)の志を言はざる(どうしてお前たちの志を言わないのか)

助字の種類・用法

助字というのは漢文において、名詞・動詞・形容詞などの実字・虚字を助ける単語のことをいいます。助字の而、於・乎・などは、読みとして基本的に読まない文字である「置き字」と言われます。ここでは置き字について紹介しましょう。

基本的に読まない字なのですが、一応意味はあります。とはいえ意味を気にしすぎると解読が難しくなるので、しっかりと意味を暗記する必要はありません。心の隅に留めておく程度にしましょう。

様子を表すときにつける語句。か、や、かなと読むこともあります。例えば「凛乎」は、「凛としている様子」となります。

助字の中では形容詞を強める部類にあります。

接続詞に当たる語句。この字の前の字の後に「~して」と読み、この字自体は読むことはありません

「学而習之」:学問をして時に応じて之を習ふ(学問をして、後になって復習する)

説明する語句です。日本語では「~のだ」「~のか」などに似ています。

名詞を説明する部類にあたります。

「典冠者見君之寒也」:典冠者は君の寒きを見るなり(冠の係官は君主が寒がっているのを見たのである)

行為、状態などを指示したりする語句で、一般には読みません。例えば、「今者」で「いまは」、「近者」で「ちかごろ」となります。

行為、状態を支持する部類にあたります。

終わりに

以上で古文の再読文字、助字の種類と用法のご紹介を終わります。ぜひ参考にしてください。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。