\ フォローしてね /

残ってしまった焼きそばを冷凍保存する方法と活用術

このライフレシピのもくじたたむ

焼きそばが残ってしまったとき、捨てるのはもったいないですよね。そんな時は冷凍保存しましょう。少量づつ小分けにした焼きそばって、意外と便利なんです。

今回は焼きそばの冷凍保存方法とその活用術をご紹介します。

材料

  • 残ってしまった焼きそば
  • ラップ・・・キッチリ焼きそばが包めるくらいの長さ
  • 密封袋・・・1枚

具体的な手順

STEP1:焼きそばの具材を取り除く

著者の場合は具材だけ食べて、焼きそばの麺のみ冷凍します。

もちろん具材も一緒にそのまま冷凍してもかまいませんが、水分の多い葉もの野菜や、大根やじゃがいもなどの根菜は冷凍に向きません。食感が変わってあまり美味しく頂けません。

にんじん、ピーマン、アスパラ、ブロッコリーなどは、冷凍してもおいしくいただけます。

STEP2:ラップで包む

なるべくきっちりラップで包みます。焼きそばがたくさんあったら、小分けにした方があとで使いやすいです。

STEP3:密封袋に入れて冷凍庫へ

密封袋に入れます。日付を書いておくとわかりやすいですね。保存期間は1〜2週間。霜がつくと美味しくなくなってしまうので、なるべく早めに食べましょう。

小分けにしているので、食べる時は自然解凍で充分です。季節にもよりますが約15〜25分くらいで解凍されます。急ぎの時は電子レンジでチンしましょう。

活用術

お弁当に

小分けにしておいた冷凍焼きそばは、お弁当にも便利です。前日に冷凍庫から冷蔵庫へ移しておけば、翌朝すぐに使えます。

そば飯に

冷凍したご飯があれば、一緒に使ってそば飯なんかもいいですよ。電子レンジで解凍したご飯と、細かく刻んだ焼きそばを一緒に炒めて、お好み焼きソースで味付けします。

紅ショウガと青のりと胡麻をかけて出来上がりです。サラダやスープを添えれば立派な献立になります。

おわりに

その他、お好み焼きの中に入れて焼けば「モダン焼き」になります。だし巻き卵の中に巻いても美味しいです。小分けにした焼きそばはアイデア次第で、色々と便利に活用できます。捨てずに冷凍保存して、更に美味しく食べましょうね。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。