\ フォローしてね /

ちょっとした習慣でシンクを水垢知らずにする方法

ステンレスのシンクの汚れは、水道水に含まれるカルシウムによって発生する水垢が原因です。よってシンクの汚れを防止するには、水気を無くすことが大切です。

1日の終わりにシンクの水分を拭きとることによって、いつでもキレイなシンクに保つことができます。今回はシンクの水分を拭きとって、シンクをキレイに保つ方法を紹介します。

汚れ防止の頻度・タイミング

1日の終わり、夕飯の片づけが終わってから寝る前に行います。

汚れ防止対策に必要な道具

  • 台布巾
  • メラミンスポンジ
  • 使い古しの歯ブラシ

汚れ防止対策の具体的な手順

STEP1:台布巾でシンクを洗う

洗い物は済ませ、シンクの排水溝のゴミは取っておきます。

お湯を出しながら、濡らした台布巾でシンクをこすります。

STEP2:指先で汚れが残っていないか確かめる

指先を使って、ザラザラした面がないか全体を触ります。

STEP3:メラミンスポンジを使って汚れを落とす

指で触ってザラザラしている箇所をメラミンスポンジでこすって汚れを落とします。

蛇口全体もメラミンスポンジでこすります。

STEP4:細かいところは歯ブラシを使って汚れを落とす

排水溝の蓋の裏を歯ブラシで磨きます。

排水溝の窪みを歯ブラシの毛先を使って磨きます。

排水溝の網も磨きます。

最後に排水される部分も磨きます。穴の中も歯ブラシを差し込んで磨きましょう。

歯ブラシで磨き終えたら、一度シンク全体をお湯で洗い流します。

STEP5:シンクと蛇口の水を拭き取る

先ほどの台布巾を使ってシンクの水気を拭き取ります。

台布巾はその都度絞りながらシンク全体の水分を一滴残らず拭き取ります。

最後には蛇口の水分も拭き取ります。

完了

これでシンクの汚れと水分を取りキレイにすることができました。こうすることで、汚れを防止することができます。

キッチンのシンク周りの汚れ防止対策で注意すること

全ての洗い物が済んでから行ってください。著者もたまにあるのですが、うっかりテーブルの上に洗っていないコップがあったりして、二度手間になってしまうこともあります。

また蛇口の水分を拭くときに、誤って蛇口のレバーを動かしてしまい、水を出してしまうことのないように注意してください。

おわりに

作業自体はとても簡単で単純です。夕飯後の洗い物からの流れ作業で行ってしまえば、特に苦に感じることはありません。

この方法は栄養士の学校に通っている頃に、調理実習の最後に行っていた方法です。衛生面でも掃除の面からもとても合理的な方法ではないかと思います。

ぜひ、シンクの水を拭き取るということを習慣づけてみてくださいね。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。