\ フォローしてね /

少し手間はかかるけれど綺麗になる!手洗いでニットマフラーを洗濯する方法

マフラーは冬場、首まわりに着けるものなので、ファンデーションや口紅がつく事もあり、汚れやすいですよね。

そんなマフラーの手洗いでの洗濯の方法をご紹介します。

用意するもの

  • おしゃれ着洗い用洗剤・・・大さじ1杯
  • ゴム手袋(手が荒れる方)

洗い方の手順

STEP1:洗剤を入れる

洗面ボウルに洗剤を入れます。マフラー1枚だと、大さじ1杯ぐらいです。

筆者は洗面台のボウルを使っていますが、洗面器などでも洗うことができます。

STEP2:水を入れる

20℃ぐらいの水を入れます。1リットルぐらいです。

STEP3:浸す

マフラーを入れて、上から優しく押すようにして、洗剤の入った水に浸します。

3度ぐらい押せば、十分だと思います。

STEP4:つけ置き

20分つけ置きします。

STEP5:すすぐ

20℃ぐらいの水ですすぎます。3分ぐらい水を流し、洗剤の泡が出なくなるまですすぎます。

STEP6:絞る

絞ります。水がぽたぽた垂れないようになるまで、絞ります。

ただし、あまり強く絞りすぎないように気をつけます。思いっきり力いっぱいに固く絞ると、縮んだりして傷んでしまいがちです。

STEP7:干す

外で干すと直射日光が当たって、色が変わったり、生地を傷めたりします。そのため、室内で干します。

手で絞っただけの脱水なので、水が床に落ちます。そこで筆者はいつも、浴室のドアの手すりにハンガーをかけて干すようにしています。

手洗いでマフラーを洗濯する時に注意すること

手荒れなどによくなられる方は、ゴム手袋をした上で作業されますことを、お薦めいたします。

また、洗剤につけている時に小さな子供さんが近寄られませんよう、ご注意下さい。もしも口をつけたりしたら、大変危険です。

おわりに

筆者は手編みのマフラーを洗濯機で洗ったため、縮んでしまった経験があります。そのため、手編みのマフラーは必ず手洗いで洗うように気をつけています。手間はかかりますが、その方が安心だと思います。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。