\ フォローしてね /

ネルドリップ式コーヒーの淹れ方とネルのお手入れ方法

こだわりの喫茶店ではネルドリップを使用していたりしますよね。やわらかく角のとれた味わいになることから、コーヒー通には根強い人気の抽出方法です。ペーパーフィルター使用のハンドドリップと淹れ方はほとんど同じですが、ネルの手入れも必要になってきます。

ここではネルドリップの抽出方法とネルのお手入れ方法をご紹介致します。

必要な材料

  • ネル
  • サーバーポット
  • メジャーカップ
  • コーヒー豆もしくはコーヒー粉(今回はコスタリカ・ブルマスハニーを使用)
  • ミル(豆をご用意の場合)

作る前の準備

使用するネルが新品の場合

ネルが新品の場合、ネルに付着している糊(のり)を落とす為、5分程煮沸します。その後、水洗いして清潔なタオル等で水気をしっかり取ります。これでコーヒーを淹れる事ができます。

もし時間があれば、抽出後のコーヒー粉を入れた水に一晩漬けておくとコーヒーがなじみます。

コーヒーの豆を挽く

もちろんコーヒー粉をご用意頂いてもかまいませんが、香りを愉しむ為に直前でのグラインドがやはりオススメですね。

具体的な手順と淹れ方

STEP1:お湯を沸かす

筆者の場合は、やかんでお湯を沸かし、細口ポットにお湯を移し替えます。お湯の温度も適度に下がり、丁度いい温度になります。適温は90〜95℃と言われますが、お好みの温度でかまいません。

STEP2:カップを温める

カップを温めるのと一緒にネルも少々温めます。カップ内のお湯はコーヒーをカップに注ぐ直前に捨てます。ネルはすぐに使用するので、1分弱お湯に漬けます。

STEP3:ネルをセットし、コーヒー粉を入れる

ネルの水気を取り、サーバーポットにセットします。コーヒー粉を淹れたい人数分入れます。メジャーカップ1杯(10〜13g)が1人分です。2人分なら2杯、3人分なら3杯です。濃いめのコーヒーが好きな方は人数分プラス1杯加えてもいいでしょう。今回は3人分入れます。

STEP4:コーヒー粉を蒸らす

お湯をゆっくり注ぎ、コーヒー粉を全体的に湿らせます。20〜30秒程そのまま待ちます。コーヒー粉がゆっくり膨らんできます。

STEP5:中心から円を描くように湯を注ぐ

蒸らしたら直接ネルにお湯が当たらないように気をつけながら、お湯を細くゆっくり中心から外側へ、円を描くようにお湯を注ぎます。

コーヒー粉がふくらんできたら注ぐのを一旦やめます。お湯が沈んできたら再度お湯を注ぎ、何度か繰り返します。サーバーの目盛りを見ながら人数分までお湯を淹れます。

人数分の目盛りまでコーヒーが達したら、ネルにお湯が残っててもサーバーからはずしましょう。

STEP6:カップの湯を捨てコーヒーを注ぐ

カップ内のお湯を捨てて、コーヒーをカップにゆっくり注ぎます。コーヒーが熱いうちに頂きましょう。

ネルのお手入れ

ネルは水洗い

コーヒーを淹れた後のネルは水洗いできれいにします。洗剤などは臭いがついてしまうので使用しないようにしましょう。

注意点

乾燥は禁物

ネルを乾燥させないように、水を張ったタッパーなどに入れて冷蔵庫で保管します。中の水は毎日交換して清潔に保ちます。もし、ネル自体に臭いなどがしてきたら新しいものに交換しましょう。

おわりに

コーヒーの淹れ方はいろんなサイトや書籍で紹介されています。大まかな部分は一緒でも、細かい部分はそれぞれの方のこだわりがあると思います。自分に合った淹れ方を見つけ、コーヒーの香りと供に優雅な時間を過ごして頂ければと思います。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。