\ フォローしてね /

夏を涼しく乗り切る!すだれを選ぶポイント

直射日光を遮り、風通しもよく、窓を開けたときの目隠しにもなる。すだれは日本が誇る、エコで、風流な、夏の必須アイテムです。著者が持っているすだれを例に、選び方のポイントを紹介します。

著者が持っているすだれについて

  • メーカー:ダイソーにて購入
  • サイズ:2サイズ所有、縦約96cm×横約120cm、74cm×横約200cm
  • 素材:竹・よし
  • 価格:小105円、大157円
  • 購入時期:2012年6月

すだれの選び方

ポイント1:長さ

すだれの長さは設置する場所に合わせて購入します。著者は小窓用には短いすだれ、サッシ用には長いすだれを使用しています。短いよりも少し長いほうが調整ができます。

著者はサッシ用のすだれが長すぎたため、物干し竿に巻いて長さを調整しています。

ポイント2:価格

すだれは直射日光や雨を受けますので、痛みやすく、色あせ、汚れます。設置場所にもよりますが、耐用年数はせいぜい2年から3年です。日よけの効果に大きな違いはありませんので、安価な物で十分です。

100円ショップでサイズにより、105円~210円で購入できます。

ポイント3:収納サイズ

著者がすだれを設置しているのは、だいたい6月~10月です。半年以上は使用しませんので、収納サイズも考えたいです。

大きなすだれを1枚購入購入するよりも、コンパクトで収納しやすいすだれを複数枚購入した方が、設置も片付けも楽です。

著者は使わないときは、丸めて箱に立てて片付けています。

おわりに

すだれは夏の厳しい日差しを遮るだけでなく、窓を開けたときの目隠しの役割もしてくれます。この記事を参考にすだれを選び、厳しい夏を涼しく乗り切ってください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。